インドで起業した28歳男子が、1ヶ月過ごして考えたこと vol.230


みなさんこんにちは!Kayoreenaです。

 

本日、

同居系起業男子、インド上陸1ヶ月が経ちましたーー!!

全然関係ない写真(笑)

同居系起業男子とは、私のシェアハウスに住んでいるインドで起業した28歳男子です。昨日の夜、ぼそっと「明日で1ヶ月なんですよねー」と言いました。

おお!それは記念すべき日!

 

ということで、同居系起業男子の

「インドで1ヶ月過ごして考えたこと」をインタビューしたいと思います!

Kayoreena(以下K):インド1ヶ月おめでとう!

1ヶ月経って、どう??

 

同居系起業男子(以下D):これまで、過去3回インドの市場調査のために訪れましたが、実際に住んでみて

「住む」と「訪問」は全然違いました。

実際に住んで、見たり感じた事実を元に、今までたてた仮説を立て直す一ヶ月でした。

 

この1ヶ月で、当初考えていた事業エリア、プロダクト、事業ドメイン、すべて変わりました。

4月末くらいまでは捨てたくないこだわりとかあったんですけど、最終的に判断して、全て変えることにしました。

 

K:1ヶ月たった今、ポジティブな気持ちとネガティブな気持ち、どちらが大きいですか。

 

D:圧倒的にポジティブな気持ちです。僕はインドで「大きな可能性を開花させる」為に来ました。今、自分のやっていることは、潜在的可能性があるところにアプローチできていると感じています。

本当は、今まで決めていたことの判断を変えることは正直怖かったんです

そんなとき「今まで積み上げてきたというけれど、それって頭の中で考えていただけのことでしょ?まだまだ積み上げていなくのはこれからだよ」とアドバイスを貰い、そのとおりだと、痛烈に響きました。

実際に現地で自分が見たことを信じて頑張ろうと、強く決意しました。

 

K:日本での仕事をやめて海外で起業することは、一般的に見て「リスク」が大きいと思われますが、実際その点はどう思う?

 

D:リスクを取ってよかったと思います。自分の中で「大きな可能性にチャレンジできる」ことに、生きている実感を日々感じます。

自分が考えていることを具現化していくことが、すごくたのしいです。

 

K :この1ヶ月、気持ちが落ち込んだり、ネガティブに思うことはなかった?

 

D:超思うときも、ありましたよ(笑)

 

ビジネスプランを何か判断するタイミングで、いつも考えることはありました。

元々のビジネスのプランと現実が違いすぎて、ターゲット層が一気に変わったり。自分が想定していたことが成り立たない事実は、時に絶望的な気分になるときもありました。2回くらいありましたかね。

でも、その瞬間は落ち込むけど、前に進むことを決めているから。苦しんでも、進んだ先は希望に溢れていると思います。

今まで選んだ決断は、自分の価値観に合っているから満足しています。

 

「前に進むこと」に不安はあるけれど、進んだ先には「希望」があると思います

 

K:最後に、日本で応援してくれている大切な人へ、何か伝えたいことはありますか。

 

D:えー何でしょう・・・日本で応援してくれているからこそ、頑張れる自分がいるなと思います。

結構、いろいろ不安なんですよ、一人で来るって(笑)

日本から応援してくれている」ことが心の支えになっています。自分が折れない軸になっている。

その応援を胸に、インドでガンバりたいと思います。

 

 

・・・・以上同居系起業男子「インドで1ヶ月過ごして考えたこと」でした。

キラキラしすぎててすみません。でも実際にキラキラしてるんで、仕方ないですね…(笑)

 

私も、起業男子からは本当に日々いい影響をうけていて、インドでまた頑張っていこうと思うことができたのでした。1年後、5年後、10年後と、本当に楽しみですね。

私も、そんな風に思ってもらえるような存在でいれるよう、日々邁進したいと思います(*^^*)

 

今後の同居系起業男子に期待!

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
♡今日の記事がよかったら、1クリックお願いします♡

 

Kayoreenaとは?…本インドブログライター。

2016年9月よりインド就業を開始し、赴任2日目から毎日1本インドブログを更新中。日曜日はインドブログEnglish Version「My Indiary」も更新。Kayoreenaはオリジナルネーム「Kayo」とインドのボリウッド女優「Kareena」をミックスしてつけた名前。

本業はインド就職の人材紹介Miraist 所属。インドで働きたい人の背中を押すべく始めたインドブログが最近の趣味となっている。

また、インドで働く日本人女性のインタビュー「Miraist Woman」の編集長も勤めている。今の目標は日本のメディアでインド連載を持つこと。

 

 

 

 

Home

 

 


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です