日本で報道されない、インドでの安倍首相の活躍 vol.359

The following two tabs change content below.

kayoreena920

函館生まれ 北海道大学医学部卒。2016年9月インド人材紹介会社Miraist 所属。インドで働き始めて毎日1本インドブログを更新。インドで働きたい人の背中を押すべく始めたインドブログが、最近の趣味となっている。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ

みなさんこんにちは!Kayoreena(@kayoreena1021)です!

9月13日から15日まで、インドに安倍首相が訪問されておりましたが、無事、帰国の途についたと日本のメディアが報じておりました。

 

NHK Newsより

インドを訪れていた安倍総理大臣は、モディ首相との首脳会談など一連の日程を終えて、15日午前、政府専用機で帰国しました。安倍総理大臣は、来週、国連総会に出席するため、アメリカのニューヨークを訪れ、北朝鮮への対応などをめぐって各国の首脳と意見を交わすことにしています。

安倍総理大臣は、13日からインド西部のグジャラート州を訪れ、モディ首相との10回目の首脳会談を行ったほか、日本の新幹線技術が導入される高速鉄道計画の関連式典に出席するなどしました。

 

日本から安倍総理がインドへ。訪問の目的は。 vol.356

2017.09.13

 

こちら、先日安倍首相の訪問について書いた記事でしたが、沢山の方々が「わかりやすかったよ」とコメントをくれて、すごく嬉しかったです。

私達現地に住んでいる日本人は、安倍さんがインドに来るということで、すごく楽しみにしておりましたし、現地のメディアも安倍さんの訪問を大きく取り上げておりました。

 

こちら新聞記事に載ってあったDAIKINの広告

他にも安倍さんを取り上げた記事は多数存在しました。

 

とにかく、

インド人の安倍さん歓迎ぶりはすごかったんです。

 


Kayoreena
モディ首相の熱烈歓迎!ハグの文化、日本人は慣れないだろうな〜笑 

 

こちらすべてモディ首相のFacebookより引用。インドの方々が、わざわざ日本の国旗を振ってくれてるってすごくないですか?!

 

 


モディさんのYoutubeチャンネルには、当日の様子もしっかり記録されておりましたよ。インドの人々が、安倍さんの訪問を歓迎している様子、伝わるでしょうか。

 

式典でのスピーチ 日印関係の発展を強く印象付けた

実際のインドでの式典でも、今後の日印関係、新幹線をはじめとする日印ビジネスについて、とても力強いスピーチをしておりました。

 

 

今回の日印首脳会議の内容

今回の首脳会議で話された日印についての項目は下記の通り。

 

1.連結性強化のための日印協力

安倍総理から,連結性強化のための日印協力は戦略的に重要,東南アジアから,アフリカに至るまで,具体的案件の形成を加速したい,インド北東部において,インフラ整備や人的交流を中心とする包括的支援を実施したい旨述べた。
モディ首相から,日印による連結性の強化は,インド太平洋地域の更なる発展のためにも重要,ASEAN諸国やアフリカを始め,日本と具体的協力を推進したい旨述べた。【外務省HPより】

 

2.北朝鮮対策

安倍総理とモディ首相は,日印両国は北朝鮮問題について,断固たる対応を取ること,また,先日採択された安保理決議を国際社会全体でしっかりと履行し,北朝鮮の政策を変えさせなければならないということを共に世界に訴えたいとの考えについて完全に一致した。【外務省HPより】

 

3.高速鉄道起工式典

安倍総理から,先程の素晴らしいインド高速鉄道起工式典に感謝,研修施設の着工や1,000億円の円借款供与等着実に成果を挙げている,メイク・イン・インディアを官民挙げて進めたい,川崎重工とBHELの協業を歓迎,インドの在来線の安全に貢献すべく,専門家派遣,鉄道安全セミナー等により協力を進めたい旨述べた。
モディ首相から,高速鉄道実現に国民や海外の関心も高く,日本との協力を是非成功させたい,インド人に夢を与えて,国民が一致して取り組むことが重要,改めて早期の開業に向けてあらゆる努力をしたい旨述べた。【外務省HPより】

 

4.政治・安全保障

安倍総理から,陸上無人車両・ロボティクス分野等の研究協力に向けた協議の開始を機に,今後の防衛装備・技術協力の進展を期待,US-2に係る協力については早期具体的進展を期待,マラバールが,日印米共同訓練として初めて実施されたことを歓迎。陸空も含め全ての軍種で協力を拡大したい旨述べた。
モディ首相から,防衛装備の協力や,マラバール訓練をはじめ,共同訓練が強化されていることを歓迎,US-2については両国間の協議を続けたい,日米印日印豪などの有志国との連携が重要であり進めたい旨述べた。【外務省HPより】

 

5.経済・経済協力

安倍総理から,日印双方の強みを活かして投資・人材の基盤を強化し,メイク・イン・インディアを推し進め,インドから世界へ輸出したい,投資促進ロードマップや経産省とグジャラート州の合意を歓迎,日本式ものづくり学校について,スズキ,トヨタ,ダイキン,ヤマハ4校,寄附講座1講座を今夏に開始,日印友好の証ヴァラナシ国際会議場を,両国民に本日示すことができ喜ばしい旨述べた。
モディ首相から,日本企業の投資・進出,メイク・イン・インディアへの貢献,投資促進ロードマップを歓迎,環境対策を進めることを重視しており,HV自動車や太陽光発電の分野を始め,日本のとの協力を更に勧めたい,シップリサイクルヤードに対する日本の支援を感謝,日印友好の証ヴァラナシ国際会議場への支援決定に感謝する旨述べた。【外務省HPより】

 

6.人材育成

安倍総理から,本年の日印友好交流年から2020年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向け,観光分野等の人的交流を抜本的に拡大したい,オープンスカイ合意,スポーツ交流を歓迎,映画交流も活発化させたい,更なるビザ緩和も今後実施する旨述べた。また,インドでの日本語教育強化はビジネスや人的交流の裾野を拡げるもの,100の教育機関で日本語講座が開設されることを前提に1,000人の日本語教師の研修を実施したい旨述べた。
モディ首相から,人的交流に向けた日本側の様々な取組を歓迎,人的交流分野の潜在性は大きく,日本のイニシアティブは両国の友好関係の促進に資するもの,JNTOのデリーオフィスの開設を歓迎,インドでの日本語教育強化の重要性を理解,日本と連携して進めていきたい旨述べた。【外務省HPより】

 

Kayoreena
更に詳しい内容は、日印共同声明を見てね。

 

今回の安倍さんの訪問で、日印のつながりは更に強固なものになりました。

個人的には、こんな弾丸スケジュールで日本からインドにやってきた安倍さん、そしてしっかり役割を果たしていかれた安倍さんの活躍は、本当に素晴らしいなと感じました。

 

Kayoreena
私もインドから日本に弾丸で帰ることありますけど、なんかもう別世界の国なので、弾丸で帰るとすごく疲れるんですよね(笑)インドにとって日本は夢の国みたいなところですし。

 

ただ、一つ悲しいこともありました。

実は、この安倍さんの活躍、日本ではほとんど報道されてないみたいなのです。悲しいことにネットのおもしろニュースに安倍さんのインド訪印のニュースが取り上げられていました。

Net geekより

アジアの歴史を背負う2人の強力なリーダーシップを日本は報じただろうか。13日の訪問以来、この事実を伝えたマスコミは皆無であったと言っても過言ではない。奇妙なことに今や安倍総理はインド人からのほうが支持されているのではないだろうか。

日本ではマスコミが森友・加計学園問題を大いに騒ぎ立てたせいで安倍総理が悪いことをしたと思いこんでいる人が多くいる。余計な情報を得てないインドの人たちのほうが純粋に安倍総理を応援できるのだ。

 

きっと、これが日本の温度感なんだと思います。

たまに日本に帰ってテレビを見ると「その情報、わざわざニュースで取り上げる必要、ある?」というニュースが多くて、結構ドン引きします(笑)

そういう風に、海外と日本のメディアリテラシーの差といいますか、そういうものがどんどん開いていくのかな〜と思いました。

私たちはインドにいるので、今回の安倍首相の訪問を特別なものとしてみていますし、日本に住む人達が、ここまで関心を高くしなくてもいいかもしれませんが、

実はこういう日本のトップの方々の海外での活躍ってまだまだあって、それがただ日本で報道されていないだけなのかなとも、ちょっと感じたのです。

正しい情報を得ることで、世界における日本の本当の評価を知ることが出来ますし、今後はそういう物差しをしっかり持つことが重要でしょう。

そのためには、世界各国に散らばっている日本人が、正しいことを日本に届けることも大切ですし、インドに関しては私がその役割を担えるといいなと、今回の記事を作成していて感じたのでした。

 

 










1 個のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    函館生まれ 北海道大学医学部卒。2016年9月インド人材紹介会社Miraist 所属。インドで働き始めて毎日1本インドブログを更新。インドで働きたい人の背中を押すべく始めたインドブログが、最近の趣味となっている。