フランスで働く日本人女性とインドでお会いした話

The following two tabs change content below.

kayoreena920

函館生まれ 北海道大学医学部卒。2016年9月インド人材紹介会社Miraist 所属。インドで働き始めて毎日1本インドブログを更新。インドで働きたい人の背中を押すべく始めたインドブログが、最近の趣味となっている。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ

みなさんこんにちは!Kayoreena(@kayoreena1021)です!

 

久しぶりの更新、皆さんお元気でしたか?

今週は夜予定が入っていて、書く時間が取れませんでした。今日も実はちょっと眠いのですが、書いています。

 

Kayoreena
ジョーくんは「毎日の更新待ってる人多いよ!」って言ってくれてたけど、28歳になって、毎日書いてた27歳の自分、本当尊敬するわ。なんでできてたのかな(笑)

 

前振りはこれくらいにして、今週の初め、フランスで働く日本人女性の方とデリーでお会いしました。

今日はその時の話を書きたいなと思います。

 

名前は「Yachi」さん。現在フランスの航空会社でCAとして働かれています。

Yachiさんは、私のことをブログを通じ知ってくれたみたいで、10月の頭にメールで連絡をくれていました。

 

Yachiさん

自分が海外就職した経験を綴り、これから海外就職したい!結婚、出産した後でも再就職したい! と思う海外在住の女性などを対象にもがき続けている女性に対してサポ-トをしたいと考えています。

アメリカ、ヨ-ロッパの海外就職というのは、割とハ-ドルも低いと思いますが、大角さんのようにインドでの海外就職を実現している。 生活も楽ではないのでは? と察します。

海外で頑張っている女性を私のブログでも紹介して行きたい!! そんな企画も考えています。

丁度、今月末にニュ-デリ-便があります。 それで、大角さんに直接お会いしてお話し聞くことができないかなっと思った次第です。

 

Yachiさんは10月の末に、フランスーインド間のフライトで、1日だけインドに滞在する予定があり、インドに就職した私の話を聞いてみたいと言ってくださいました。

 

このメールに気づいたのはチェンナイ出張から帰ってきた10月29日。

 

「え、いま10月末じゃん!!」

 

 

と慌てて返事をしたところ、

ちょうどインドに到着したその日だったらしく、さっそく次の日の夜にお会いする約束をしたのです(その日の深夜便でフランスに戻るというハードスケジュール!奇跡!)

 

【Yachiさんとお会いしたホテルのロビー】

 

20時半ごろホテルのレストランで待ち合わせ。

「Kayoさんですか?」と、小柄でチャーミングな女性が話しかけてくれて、その方がYachiさんでした。もうすでに準備を済ませ、制服を着ていたのですが、すごくピシッと決まっていて素敵でした。

 

Kayoreena
こんな急なやり取りでも、迷うことなく出会えたことに感激…!

 

 

ディナーは定番のバターチキンカレーを注文しました(笑)

Yachiさんは社会人22年の大先輩で、現在の会社が5社目。

何度か転職をし、そして解雇の経験も経て、憧れていたフランスへのワーキングホリデーへ。現在フランスの航空会社で12年勤められているそうです。

プライベートでは8歳、5歳のお子さんもいて、10歳年下のフランス人パ-トナ-と4人家族、フランス在住です。

 

Kayoreena
ブログの紹介文より転記

後ほどYachiさんのブログも紹介します!

 

私とYachiさんが歩んできた海外就職の「あるある話」に。

 

海外就職の相談する相手はなかなか見つけられない。

そもそも、海外就職をする時って、周りに相談できる人っていないよねという話に。

そうそう、周りの人に「海外で働きたいと思ってる」って言っても、まともに相談乗ってくれる人ってあんまりいないですよね。現実味もない話ですし。

ちょっと盛り上がって話ししても、寝て起きたらまたいつもどおりの日本の日常が待っているし。そんな中、一歩踏み出したい自分の背中を押してくれる存在って、大きいですよね…

そんな話をしました。

Yachiさん:Kayoさんはどうやって一歩踏み出したんですか?

 

Kayoreena
誰と会っても、何を知っても、結局自分が決めない限り何も動かないんだということに気づくこと

 

 

海外における女性の社会進出

皆興味があるフランスの女性の社会進出について。海外で働くと、日本の社会の構図を客観的に見れますよね。

Yachiさんの話によると、フランスは日本と比べると男女平等。Yachiさんがフランスを選んだ理由にもなりますが、フランスは「結婚、出産した後も長く働ける環境が整っている国」

有給休暇も長く、また国が、産休、育児休暇を保証しており、また会社によっては、国が保証しいてる期間よりもさらに充実している会社もあります(会社によっては育休が4歳まで取れるところもあるとのこと!)

アメリカなど先進国は充実しているように思われがちですが、全く産休中のお給料が保証されない少ない国の一つだそうです。

「女性に優しい会社」「育児休暇の充実、時短の充実したプログラムがある会社」「定年まで、安心して働ける」「子供も出産して、家族も大切にしながら自分の仕事も大切にできる会社」…それが今の会社とのこと。

 

逆に「フランスなのに遅れているところはありますか」と聞いたところ、役所系の手続きは適当なんだとのこと。「フランス、先進国だよね?」とツッコミを入れたくなるほど、適当なやり取りで頭に来ることもあるそうです。

また、フランスと言えば事実婚も制度として認知度が高いことで有名。新しい概念を学ばせていただきました。

 

そして

 

女性は確実にキャリアで考える時期が来る

Yachiさんも、実際に決断をしてフランスに渡ったのは30歳頃。それまでは自分のやっている仕事が本当にやりたいことかどうか、何度も考えたり、

そしてパートナーとの結婚の時期や、出産についても、年齢によって考えが変化する時期があると言っていました。

 

Kayoreena
「女性はキャリア実現、仕事で満たされても、プライベ-トが充実していないと、100%幸せを感じられないよね」というYachiさんの言葉を聞いた時、激しく同意しました(笑)

 

私にとって働く女性の大先輩であるYachiさんも、いろいろ悩みながら今にたどり着いたんだな〜と思うと、Yachiさんの言葉はすごく安心できました。

こういう5年先、10年先の女性の先輩って、本当貴重なんですよね・・・!(綾子さんもインタビューで言ってた!)

 

Yachiさん自身も、フランスに渡り、ご自身のキャリアを築いていった経験から、海外で活躍したいと悩む日本人女性の相談に乗ってあげたいという思いがあるそうで、そこは私もすごく共感する部分が多かったです。

 

 

何事も一歩の行動の積み重ねからしか結果は出てこない

フランスで働く日本人女性…フランス人パートナーで、お子さんもいて、第一線で仕事もバリバリ…

そんな誰もが憧れるYachiさんの肩書ですが、多分、私もYachiさんも同じことを思っていて、

皆も出来ることなんだと思うんです。

 

私も、誰でも望めばインド就職はできると思っています(望む人少ないと思うけどね笑)

海外で働いている人を見ると、それだけできらびやかに映るかもしれませんし(インドはともかく)「フランス!すごい!私には到底ムリ…」って思う人も多いかと思います。

でもYachiさんの話を聞いていると、もともと帰国子女だったとか、特別なことはほとんどなく、自分のやりたいことや正直な思いに従って行動した結果が今につながっているんだなと思ったのです。

 

 

・・・とは言いながらも、人と違う道を歩む時は、前例がないぶん、その分の努力や苦労はあると思います。

その道が結構孤独で大変だということも、私たちはなんとなくわかるので、こうしてブログを書いたり、当時を振り返ったりして、今悩んでいる人たちのために出来ることはないかなと思うんですね。

 

 

Yachiさんのブログ紹介文より

こうした流れで、日本、海外、とスキルアップを重ねながら、より自分にとってベストな環境を
求めて歩んだわけですが、初めての就職活動もバブルの後の就職難の時でしたし、その後も、2度も解雇を経験しています。

就職する、就職しても解雇されないで続ける大変さを何度も実感してきました。

「何がしたいのか?」「何ができるのか?」「自分の適正とは?」「天職とは?」

私自身、そういう事について幾度となく自問自答する事を繰り返してきたのですが、一人ではなかなか先に進めない、という事もあると思います。

私のこれまでの経験をいかして、日本でのキャリアアップ、そして海外で生活、海外で就職したい方、客室乗務員、ホテルなどサ-ビス業につきたい方、

そんな夢と希望に溢れている方達の力になれたら…不安を取り除いて、背中を押すことができれば…..そう願いながら、このブログを綴っていきます。

 

 

情報は簡単に手に入る時代だからこそ、自分の足で経験を

楽しい話も一瞬で終わり、Yachiさんはインドからはるばるフランスへ帰られました。

 

今回の件、ブログがきっかけでフランスで働く先輩とインドで会えたという奇跡…。本当、すごい世界になりましたよね。

私は今でも、ネットを開けばルワンダや南アフリカ、フィンランド、アメリカ、オーストラリア…そして母国日本の友達とつながっていて、だいたいどこの国の情報も手に入ります。

 

でも、だからこそ、本当にそこにいる人、ものに自分で会いに行くことが大事だと思うんです。

 

私は今回Yachiさんと会わなければ、Yachiさんのブログを読んで「この人は特別な人なんだろうな」って思ってたと思うんです。

でも、直接出会えたことで、同じ日本人として、女性として共感することがたくさんあり「あ、私でもこれならできるのかな」って思うことができます。皆意外と、同じことで悩んでたりするんです。

 

だからもし、皆さんの中でも悩んでいる人がいたら、まず一歩踏み出してみてください。ネットの世界はちょっとキラキラしていて手に届かないように映るかもしれませんが、実際は人が作り出している、手の届く世界です。

 

ヨーロッパで活躍したいと思っている人はぜひYachiさんに連絡してみてはどうでしょうか。その一歩が何かにつながるかもしれません。インドは私で良ければ話聞きます。まあ、そんなにいないと思いますけどね(笑)

 

Kayoreena

Yachiさんも、私のことをブログで紹介してくださっていました(T_T)感激過ぎます!!嬉しい!!

カフェ会@インドではなく、ディナ-会!?@インドでお会いした人は?

「海外で働きたい」夢を叶えた人に会おう!!インド編 VOL.1

ぜひこちらも、読んでみてください^^

Yachiさん、ありがとうございました!!

 

 










ABOUTこの記事をかいた人

函館生まれ 北海道大学医学部卒。2016年9月インド人材紹介会社Miraist 所属。インドで働き始めて毎日1本インドブログを更新。インドで働きたい人の背中を押すべく始めたインドブログが、最近の趣味となっている。