インド最大のコミュニケーションツール WhatsAppが電子決済導入へ vol.421

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ

みなさんこんにちは!Kayoreena(@kayoreena1021)です!

本日はインド在住日本人の皆さんにはBIG NEWS?!

 

インド最大のコミュニケーションツール WhatsAppが電子決済導入へ

Biggest boost for digital payments: Soon, you can make payments using WhatsApp

Kayoreena
WhatsAppとは、日本で言うLINEのようなコミュニケーションアプリ。インド人の殆どは連絡先の交換のときに「Whatsapp使ってる?」というような会話からスタートする。電話番号を登録すると、Whatsappのアプリに自動的に紐づく

このWhatsAppが来月から電子決済をスタートさせるというニュースが発表されました。

2016年11月突然実施された高額紙幣廃止時には、電子マネーが注目され、現在インドでは多くの企業が電子決済アプリを開発しています。

 

有名所で言うと、以前「インドで必ず使いたいアプリ3選」にも取り上げたPaytm

【インドに住む人必見】インドおすすめアプリ厳選3選

 

Googleはインドを重要市場として位置づけ、独自のTezという電子決済アプリを昨年9月18日に発表しています。

提供:Screenshot from Google by Zoey Chong/CNET

 

その他、先日紹介したシェアサイクルMobycyの創立者Akash Guptaは、インドのモバイルウォレット企業2強の1社「Mobikwik」のVice-President だったり。

たくさんの電子決済アプリがインドには存在しています。

今回、そこにWhatsAppが参入するということですが、わざわざこれを取り上げたのには理由があります。

Whatsappがインド電子決済に参入することがすごい理由

◯WhatsappのUser数が圧倒的である

現在、TezはGoogle Playストアで1,000万回のダウンロードを超えています。Paytmに関しては、デジタルウォレットでかなり有名な地位を築いており、ダウンロード数は1億回を超えています。

これに対し、WhatsAppは世界で10億回ダウンロード超え。インドにおいては2億人を超える月間アクティブユーザーが存在しています。

 

Kayoreena
ちなみに、1月8日のNew York Timesによると、インドのインターネット利用者は国民の3分の1程度。シンプルに計算すると4億人くらいかと思われますが、アクティブユーザーが2億人ということは、インド人の2人に1人はWhatsappをもってるということになります。これって、すごいですよね

 

◯チャット上での支払いを完了でき、圧倒的に便利である。

上記のように、もともとチャットアプリだったWhatsappは、その画面内で支払が完了される方法を模索しています。

昨年の10月時点では、Whatsappのメッセージ内でのやり取りで支払いを完了できる方法を開発しており、これが可能になれば、普段のチャット使いの画面から離脱せず、支払いが完了できる利便性が、大きなインパクトになるのではないかと予想されています。

 

セキュリティの部分や、インドの主要な銀行ともやり取りが進んでおり、すでに多くのアクティブユーザーを持つWhatsappは、過去にさまざまな企業が製品を発表してきたのとは違い、業界に与える影響は非常に大きいと予測されています。

 

Kayoreena
@@君、この間の飲み会のお金払って〜。はいこれで〜送ったよ〜。みたいなやり取りがWhatsAppで可能になるのかな。


ABOUTこの記事をかいた人

函館生まれ 北海道大学医学部卒。2016年9月よりインドで人材紹介会社にて現地採用で就業。インドで働き始めて毎日1本インドブログを更新し、2017年末まで400本ほど記事を更新。2018年1月から東京拠点に移し、インドと日本を行き来しながら、インドビジネス関連の情報を発信している。