医学部を出て、看護師として働かない理由 vol.249

The following two tabs change content below.

kayoreena920

函館生まれ 北海道大学医学部卒。2016年9月インド人材紹介会社Miraist 所属。インドで働き始めて毎日1本インドブログを更新。インドで働きたい人の背中を押すべく始めたインドブログが、最近の趣味となっている。

みなさんこんにちは!Kayoreenaです☆

今日のブログは「医学部を出て、看護師として働かない理由」

私の自己紹介を読んでもらえるとわかると思うのですが、最終学歴は「医学部保健学科卒」ということで、

Kayoreena
看護師免許持ってるんですね

なので

Indian
どうして看護師で働かないの?めっちゃ安定な仕事なのに

と、よく言われるんです。

皆さんはどう思いますか?

 

私の考えるポイントは

Kayoreena
資格があると、幸せになれるかどうか

これに尽きると思っています。

資格=専門性があることの強みと弱みについて

資格職・専門職がいいかどうかは、考えてみると結構シンプルです。メリットとしては

・資格、専門職を選ぶと、スキルとして蓄積される。

・職に困らない。

・給与・雇用は安定。(一般的には)スキルをあげると増加傾向。

こんな点があげられるかなと思います。

でも、逆に言うとこの選択にもデメリットもあると思うんですよね。

・資格、専門職を選ぶ=それ以外のキャリアの可能性がなくなる

・職に困らない=その職業を選ぶならね

・給与・雇用は安定=それ以上も以下もない。将来はある程度想像がつく。

 

資格職・専門職は良くも悪くも安定的。それが、自分にとっていいかどうかという話だと思います。

手に職を」という考えのもと、医学部で看護師免許の勉強をしたのでしたが、当時から看護師としての3年後、5年後、10年後のキャリアというのは予想が尽きました。

私は、看護師になることが目的ではありませんでした。目指すことは「人の役に立ちたい」ということ。

そう考えた時、その方法の一つとして「看護師」は選択はありましたが「社会に出たら、もしかしたらそれ以外にもあるんじゃないの?」と、世間を知らない私なりに考えてみたのです。

結果、当時の私は「このスキルを追求していくより、もっと他の可能性を見つけたい」と行動することがしあわせだったのです。

そして現在、バックグラウンドとして医学の知識はあるものの、私はいま看護師としては働かず、インドでブログ書いています(笑)

 

資格を取ったからといって、それに縛られなくてもいいんじゃない?

 

こんな話をすると「せっかく資格があるのにもったいない!」と話す人もいます。

Kayoreena
でも、私はやりたくないんです。以上 笑

「4年も大学で勉強したのに…」「安定している職業なのに…」という意見。

でもたった4年ですよ?これからの人生は何十年もありますし。そこから学ぶことのほうが、全然多いんじゃないでしょうか。安定している職業だから…では戻りたくなったら戻ります(多分戻りませんが)

『資格』は自分の特徴を表すカードの一つかもしれませんが、人の可能性はそれだけではないと思うんですね。そこに執着せず、いろいろ挑戦するのがいいのではないでしょうか(特に若いうちは)

私が資格を持っていても、それを使って働かないのは「資格以外の自分の可能性を追求したい」という理由です。私はまだ、自分の専門性を「資格」という枠組みの中だけで決めたくないな〜と、思ったんですね。

*もちろん、資格を持って働くことは本当に価値の高いことです。

 

でも

Indian
何か違うかな?もっとこういうことがしたいんじゃないかな…。

そんなふうに感じる人は、新しい自分探しに挑戦してみてもいいのではないでしょうか。

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
♡今日の記事がよかったら、1クリックお願いします♡

 

Kayoreenaとは?…本インドブログライター。

2016年9月よりインド就業を開始し、赴任2日目から毎日1本インドブログを更新中。日曜日はインドブログEnglish Version「My Indiary」も更新。Kayoreenaはオリジナルネーム「Kayo」とインドのボリウッド女優「Kareena」をミックスしてつけた名前。

本業はインド就職の人材紹介Miraist 所属。インドで働きたい人の背中を押すべく始めたインドブログが最近の趣味となっている。

また、インドで働く日本人女性のインタビュー「Miraist Woman」の編集長も勤めている。今の目標は日本のメディアでインド連載を持つこと。

 

 







2 件のコメント

  • 人生80年?を10代で決めること自体が無理だと思います。もちろんその時々で考え抜いて選択したとしても。
    自分はたまたま40年以上同じ会社でほぼ同じ分野の仕事を続けましたが、それでも途中2回程会社を辞めることを真剣に考えました。友達でも工学部を卒業してエンジニアにならずに商社マンになったのもいますし、家内は教育学部卒でも教育実習以外に生徒を教えたことがありません。
    本当に自分のやりたいことを見つけるのには試行錯誤と割切りが必要です。学校で学んだことがその後の人生で直接的に役立つことは少なく卒業してからその人がどれだけ勉強するかの方が大切だと思います。昔と比べて今は選択肢は非常に多くなって来ていると感じています。結婚するまでが人生で一番大切な時期になると思っています。
    長くなりましたが年寄りの雑感です。

  • 持っている資格や能力に縛られるなって言われてハッとしたことを思い出しました。それ(専門職)以外のキャリアの可能性がなくなる、とは思いたくありませんが…専門職より

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    函館生まれ 北海道大学医学部卒。2016年9月インド人材紹介会社Miraist 所属。インドで働き始めて毎日1本インドブログを更新。インドで働きたい人の背中を押すべく始めたインドブログが、最近の趣味となっている。