インド美白化粧品「Spawake」インド市場戦略 vol.298

The following two tabs change content below.

kayoreena920

函館生まれ 北海道大学医学部卒。2016年9月インド人材紹介会社Miraist 所属。インドで働き始めて毎日1本インドブログを更新。インドで働きたい人の背中を押すべく始めたインドブログが、最近の趣味となっている。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ

みなさんこんにちは!Kayoreena(@kayoreena1021)です!

今日はスキンケアブランドSpawakeのご紹介です。

実は若き日の大角(まだあの頃はKayoreenaと名前すらついていなかった)がインド来て3日目に書いた記事はSpawakeの記事でした。

003 インドで見つけたローカル価格の日本プロダクト〜化粧水〜

 

Kayoreena
内容まとめるの下手すぎてやばい笑

 

今回、改めて視点を変えて皆さんにお伝えします。Spawakeというスキンケアブランドの紹介と、インド市場におけるビジネス戦略をまとめてみました。

 

Spawakeプロフィール&市場戦略

 

1.Koseがインド独自に創り出したブランド

日本の大手化粧品メーカーKoseが2015年よりインド市場に向けて独自に販売を開始したのがこのSpawake。東南アジアでは日本で流行っている雪肌精など、すでに人気のあるプロダクトをそのまま販売するケースが多いが、インドに関しては独自ブランドとしてSpawakeを開発した。

Kayoreena
中国でも独自ブランドを開発。インドも同じ戦略?

 

2.日本品質をロープライスでゲット出来る

Spawakeはデリーを中心とする都市部在住の中間所得者層の 20~30 代女性を主要ターゲットとして展開。価格帯は69ルピーから249ルピーと、いわゆるプレミアムカテゴリーに属する。日本人からするとワンコインいかない金額で、日本品質のSpawakeが買えるとしたら、使わない手はない!

ちなみにSpawakeは日本発らしい海洋性の共通美容成分として、 マコンブエキス、海塩を配合しているとのこと。

 

3.インドで美白製品はまだ数少ない

具体的な数はわかりませんが、印象として美白<アーユルヴェーダ、オイル諸々。高価格帯の美白製品(外資系)は多いものの、スーパーマーケットで販売されるプロダクトで美白に特化した商品は探すのが難しい。インドでは強い日差しに長い日照時間…と美白の大敵となる条件が揃っていますが、美白に特化したSpawakeを使用すればストレスは軽減できるはず。

Kayoreena
こういう感じで、名前から判断すると一見わからないけど、インド市場に挑戦する日本製品って色々あるんです。

 

2015年 KOSEニュースリリースより

「Spawake」は、コーセーが長年培ってきたブランドマーケティングのノウハウと技術開発力を活かし、インド 化粧品市場の成長性やニーズに合わせて新たに開発したスキンケア化粧品ブランドです。「肌をリフレッシュ して活性化させ、スパ帰りの肌のようなみずみずしく潤ったツヤを与える」ことをコンセプトとし、首都デリーを中 心とする都市部在住の中間所得者層の 20~30 代女性を主要ターゲットとして展開します。

インドの化粧品市場は年平均12%の高成長を続けており、そのうちマス市場の割合が全体の95%を占めています。近年では、中間所得者層の急拡大や女性の社会進出の広がりを背景として、マス市場の中でも高価格帯の、付加価値を訴求した“プレミアムマス市場”が特に急伸長しています。このプレミアムマス市場は、当社の強みを活かせる今後の有望市場と考え、今回の「Spawake」の商品を第 1 弾として発売します。

PR活動として、影響力のあるインド人Bloggerを集めたイベントを開催。

 

このようにインフルエンサーとなるインド人ブロガーたちに特集されています!

 

ところで、Spawakeはどこで買うことができるの?

→E-Commerceがお薦め

 

SpawakeはBig BazaarやSpencersといったインド大手のスーパーにはありますが、インド的棚割管理なので探すのが難しく、日本人があまり行かないローカルマーケットがメイン。そのためE-Commerceでの購入が確実でベスト!

 

Kayoreena
日本人があまり行かないようなローカルマーケットで、Spawakeを探してみると、結構見つけることができます。「こんなところにまで営業来てるの?!」と思うような小さな商店まで行き届いている印象。これってすごいことですよ…。ぜひローカルでもSpawake探ししてみてください。

 

インド=Make in India=製造業…みたいなイメージ、強いと思いますが、化粧品市場でも活躍している日本企業あり!まだまだ東南アジア程進出数は多くないですが、これから伸びていく(であろう)インド市場における日系企業の活躍は今後も目が離せません(^^)










ABOUTこの記事をかいた人

函館生まれ 北海道大学医学部卒。2016年9月インド人材紹介会社Miraist 所属。インドで働き始めて毎日1本インドブログを更新。インドで働きたい人の背中を押すべく始めたインドブログが、最近の趣味となっている。