大事なカメラがなおった話 vol.299

The following two tabs change content below.

kayoreena920

函館生まれ 北海道大学医学部卒。2016年9月インド人材紹介会社Miraist 所属。インドで働き始めて毎日1本インドブログを更新。インドで働きたい人の背中を押すべく始めたインドブログが、最近の趣味となっている。

みなさんこんにちは!Kayoreenaです(*^^*)

昨日、嬉しいことがありました。

壊れていたカメラが治って、自分のもとに戻ってきたんです。

Kayoreena
ここ最近、写真少ないなと感じてる人がいたとしたら、その人はだいぶKayoreenaブログに精通してるw

私が使っているのはSonyのNex-5R この子じゃなきゃいけない理由があって、何とこの子、ミラーレスなのにセルフィーが撮れるすぐれものなんです。

こんな感じで画面を持ち上げることができるんです(*^^*)

購入したのは2013年3月11日。社会人の冬のボーナスで元値10万円近いカメラを買ったのでした。

デメリットとしては重たいところ。でも一度この子の画質に目が慣れてしまうと、正直スマホとかじゃ満足できなくて、多少重くてもずっとこの子を使っていたんです。

高いカメラ、買っても全然使ってない人とかいるじゃないですか…笑

私の場合は超ブラック企業並みに働いてもらって、とにかく一杯素敵な写真でカメラのデータを埋め尽くしてあげようと思いました。そのほうが、この子も生まれてきた喜びを感じられるかと思って(笑)

でももう4年もたつと、段々アチラコチラ不具合が出てくるんですね(寿命的にはまだまだ行けそうだけど)

今年の1月もレンズカバーが機能しなくなり、選手交代一歩手前まで行きました。

結局、テープを貼ってその場を凌ぐという荒業に出て、なんとかそのまま現状維持で使用しています(笑)

今回はレンズの調整機能が壊れてしまいました。正式に言うと私が壊したわけではなかったので、きちんと修理に出して貰う約束をしたのですが、

ここはインドなので(笑)もう修理も不可能なんじゃないかとか、他のところも壊れて返ってくるんじゃないかとか、突然「僕達の責任じゃない」と言われて戻されるんじゃないかとか、いろいろ心配していたんです(←失礼)

しかし、昨日、無事自分の手元に戻ってきました。

それが本当に嬉しかったんです。ただソレだけです。

なんていうかですね、日本の皆さんには余り伝わらないかもしれないのですが、日本だと当たり前に行くはずのことが、やっぱりこっちだとなかなかうまくいかず

予想外の出来事が日々起こる中、特に私のようにカメラが商売道具みたいになっている人(または自分が商売道具のように大切に扱っているもの)がこういう状況下に置かれると、すごくストレスフルなんですね…笑

「カメラ修理に出して返ってくるの、当たり前じゃん」…ってことじゃないんです…。

私は今回修理してくれた人に本当に感謝しています…。

傷は増えてた(笑)寿命も短くなってるかもしれない。けどまたこの事写真撮影が再開できることが何よりよかった…。

気を取り直し!!明日はブログ開始300日目〜〜!!!!!!

重大発表あり!楽しみにしててね(*^^*)



にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
♡今日の記事がよかったら、1クリックお願いします♡







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

函館生まれ 北海道大学医学部卒。2016年9月インド人材紹介会社Miraist 所属。インドで働き始めて毎日1本インドブログを更新。インドで働きたい人の背中を押すべく始めたインドブログが、最近の趣味となっている。