「好きなこと」と「情熱を持ってやれること」 vol.331

The following two tabs change content below.

kayoreena920

函館生まれ 北海道大学医学部卒。2016年9月インド人材紹介会社Miraist 所属。インドで働き始めて毎日1本インドブログを更新。インドで働きたい人の背中を押すべく始めたインドブログが、最近の趣味となっている。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ

みなさんこんにちは!Kayoreena(@kayoreena1021)です!

今日は、久しぶりに同級生の友人とお話をしました。

インドと日本、今はすごく遠く離れているのですが、なんだかんだ10年以上の付き合いです。

彼と知り合ったのは中学生の時で、そこから、高校、大学、社会人と月日が流れていますが、半年から1年に1回位、近況報告をしてます。

詳しく書くと誰のことかバレるので、今日はあまり深掘りしないでおきます。

 

そんな彼が、今日はこんな話をしていました。

好きなことと、情熱をもってできることって違うよね」という話です。

 

最近、世の中では「好きなことを仕事にしよう」という風潮がありますが、

彼は「好き」なだけでは仕事にはできないと話していました。

 

そこに「情熱をかけてやりたいと思うかどうか」これがないと、きっと仕事にはならないんだろうという話です。

 

確かに言われてみるとそうだなと思います。

例えば「チョコレート」が好きでも(彼はチョコレートが好きなので事例にあげていました)チョコレート屋になるかというと、それは別ということです。

チョコレートに対して、何か強い情熱をかけてやりたいことがなければ、それは仕事になりません。

 

「好きかどうか」だけだと、きっと好きじゃないことが出てきたときに、嫌になってしまう。

それを乗り越えられるのが「情熱」です。

 

私は「インド」がすごく好きですかと言われたら「普通に好き」と答えます。もちろん、最終的には自分が選んだ国だから好きですよ。

でも、ただ「好き」なだけではありません。

 

私はインドの嫌な部分もたくさん知ってます。

私がただのインド好きだったら、きっと休日はインド観光して、ヨガにハマり、アーユルヴェーダを研究し、インドの文化や伝統を、もっと発信してると思います。

 

彼の話を聞いて、嫌な部分も全て知った上で、私がこのブログでインドを発信し続ける一つの理由は、彼の言う「情熱」なのではないかと、感じたんです。

 

好きなことと、情熱をもってできることって違うよね

 

確かに。

私も、情熱を持ってできることを、ずっと続けていきたいなと思ったのでした。

 

今日、もらった言葉をここに書き留めておこうと思います。










ABOUTこの記事をかいた人

函館生まれ 北海道大学医学部卒。2016年9月インド人材紹介会社Miraist 所属。インドで働き始めて毎日1本インドブログを更新。インドで働きたい人の背中を押すべく始めたインドブログが、最近の趣味となっている。