インドオフィス 8月の振り返り #MercariIndia

みなさんこんにちは!インドブロガーのKayoreenaです。

今回の記事では、メルカリのインドオフィスの8月活動を振り返ってみたいと思います。ここで共有されるのは社外に発表されているものだけなので、一部にはなりますが、自分達自身の備忘録も含め、共有できたらいいなと思います。

ちなみにこのブログは非公式です笑

 

インドオフィス 7月の振り返り #MercariIndia

2022-07-29

 

さて!早速振り返ります!

正式に採用活動がスタートし、続々とエンジニアが現地出張に行っているわけですが、気づけば撮影用に準備されていたメルカリボードが壁に貼られている展開に笑。家訓のようになっていました笑

海を越えて鹿島アントラーグッズもインドオフィスへ!

Kartanaka州の方々が日本に訪問し、我々もインド大使館に招待していただき会合がありました!

新しいメンバーVaibhavとRakeshが入ってくれてメンバーは3名に!

Head of EngineeringのMohanの全編英語インタビュー。私が日本語で書いて→翻訳→ネイティブ確認と、通常の工数よりかなり手間かかりました笑 ぜひシェアしてね!

初のオンラインミートアップ開催!数ヶ月前は「集客力がないから、、」とスポンサーメインでやってたけど、採用が始まり、そんなことは言ってられなくなり(笑)自分達で開催しました。無事なんとか終えることができて本当によかったし、実際にかなり良いネットワーキングにもなりました。ちなみに、上記はボツとなったミートアップのデザイン。実際に使われたのは別のデザインです(探してみてください笑)

ここからは少し小ネタ。今回、事前に集客をするにあたり、LinkedInで毎日登壇者(計6名)から一言ずつコメントを集めて投稿しました。+みんながイケてる感じの写真も共有してもらい、楽しそうにしてる写真も添付しました。

→メルカリインドのLinkedInでは、こういった紹介画像と同時に一言ずつコメントをもらって発信。実際には一言どころか、みんなかなり熱いメッセージを寄せてくれて、長いコメントになっていた!

以前アドバイスで、SNSでのイベント単独の告知はインプレッションが下がると聞いたのですが、メンバーのコメントはインプレッションが高い傾向があるため、最初にメンバーの投稿文を載せて、最後にちょろっと「イベント来たら直接話せます」と載せておけば、そんなにインプレッションが極端に下がらないだろうという考えで、イベント前にはこういった投稿を連投しました。数値を見るとそれは合っていたように思います。さらにメンバーも自分の投稿が載る日はアカウントでシェアしてくれるので、より幅広く届いた気がします。

毎日投稿するとやや大変だとは思うのですが、つい先日、Twiceのメンバーであるナヨンがソロデビューする際のTeaser (本編を公開する前のチラ見せのような短編動画)のバリエーションが数多く、製作陣の熱量がすごい伝わってきた体験があり、そこからインスプレーションを得て「イベントの発信を毎日行なっていけば、熱量が届くのではないか!」と思い、今回はメンバーの声を連続投稿してみました笑。実際に届いたかは知りませんが、嫌味ない形で何度も露出できたことは一定良かったのではないかなと思っています。

チームによるテックカンファレンス参加も良かったです!

はー、8月もいろいろあったね!!(意味深笑)

まだまだ立ち上げ段階で、不確定な中も突き進むチームメンバーを本当に尊敬します。いろいろな瞬間がとてもいい思い出になっています。9月は私も、またバンガロールにCome Backします!どんどん盛り上げていきます!採用、採用、採用!笑

最後に今月のTGIFの写真です。ではまた9月!

The following two tabs change content below.

KAYO OSUMI

函館生まれ 北海道大学医学部卒。2016年9月よりインドの現地採用で就業。当時よりインドに進出する日系企業向けに、インド現地の話題やビジネスに特化した記事を合計600本以上執筆してきている。2018年1月から東京拠点に移し活動を続ける傍ら、現在は株式会社メルカリのインド人・外国籍エンジニアの就業支援。引き続きインドのマーケティング、調査、人材採用を強みとする。
Kayoreena
もしこの記事が役に立ちましたら、ぜひ皆様のSNSでシェアしてください!◎

ABOUTこの記事をかいた人

函館生まれ 北海道大学医学部卒。2016年9月よりインドの現地採用で就業。当時よりインドに進出する日系企業向けに、インド現地の話題やビジネスに特化した記事を合計600本以上執筆してきている。2018年1月から東京拠点に移し活動を続ける傍ら、現在は株式会社メルカリのインド人・外国籍エンジニアの就業支援。引き続きインドのマーケティング、調査、人材採用を強みとする。