なぜ日本人は英会話力が弱い?英会話を克服するために必要な2つのこと

今日はよく聞かれる質問について、ブログでつらつらと書いていきたいと思います。

そのテーマとは「英語」についてです。

私のYouTube動画でも、実は過去に結構英語に関する動画をあげてきているのですが、やはり英語に対する苦手意識はなかなか強いものがあると思っています。

その中でも特に苦手意識が強いのは、やはり「英会話」ではないでしょうか。

先日、YouTubeでも英会話そのものを克服するための方法を公開させていただいたのですが、今回はもう少し、どうして英会話自体が苦手なのかという心理的な背景についても書きたいと思います。

なぜ日本人の英会話が伸びない?

これにはいろいろな理由があるとは思うのですが、私が思うのはこの3点です。

1.日本語と英語の音が違いすぎるため、日本人にとって英語を学習するのは大変

2.日本では英語が必要な機会がなさすぎる

3.減点教育による失敗に対する恐れ

一つずつ見ていきたいと思います!

1.日本語と英語の音が違いすぎるため、日本人にとって英語を学習するのは大変

これは以前のYouTubeでも話をしたのですが、日本語と英語は、その言語の特徴が大きく違うという調査結果が出ています。文法もそうですし、発音もそうですよね。日本人が認識できない音というのが英語には複数存在します。そのため、そもそも日本人にとって、他の海外の方が学習するのに比べると英語は難しい言語であるということがわかります。

2.日本で英語が必要な機会がなさすぎる

これも英語学習においてとても必要なことなのですが「英語を勉強しないといけない環境」であるかどうかは非常に重要です。人は弱い生き物なので、憧れやモチベーションに頼っているうちは何事もうまくいきません。重要なのは「やらなくてはいけない環境」です。

みなさんがもし、夏休みの宿題を最初の1日目から毎日コツコツできるタイプの人間なら、問題ないですが、そんな人はほとんどいないと思います笑 みなさん、最終日にまとめてやりましたよね?それは、明日登校したら提出しなくてはいけないからでしたよね。

しかし今の日本において、正直英語が話せないと困るという人は、パートナーが日本語が使えないという形や、うっかり外資系企業に入って周りのメンバーが全員外国人だった、というケース以外、特にないのではないでしょうか。

幸い、日本という国は非常に恵まれており、日本語の識字率も高く、コンテンツも豊富です。洋画だって、日本語字幕を準備して公開してくれますよね。世界には、自国の言語ではコンテンツが限られており、さらには仕事の幅も限られており、英語を使えないと死活問題になるという方もいるので、そういう方と比べ、日本の方が英語を勉強しようとするモチベーションや意欲が保ち難いのは当然のことと言えます。

3.減点教育による失敗に対する恐れ

これも傾向として一つあると思いますが、日本の教育は長年、減点方式=@@ができていないと指摘されて育ってきているので、潜在的に「人前で英語を話して、何か指摘されるのが怖い、失敗するのが怖い」という考えがある人が多いと感じます。

私がよく関わっているインドの方は逆のマインドセットで、加点方式=@@ができていて素晴らしい!という声かけを受けてきているため、逆にあまりできないことも「できます!」と発信する傾向にあります。日本の人でそういうマインドセットを持っている人はなかなか少ないかと思います。

そのため、失敗に対する恐れが強い=練習する機会を損失しがちであると言えます。

Kayoreena
やはり回数を積むことは英語を上達させる上で非常に重要ですからね

英会話を伸ばしたい、どうしたらいい?

上記の背景も踏まえた上で、英語を伸ばすにはどうしたらいいか?これについても私なりの考えを書いていきます。

必要なのはこの2つ。

1.絶対に英語を伸ばさなくてはいけない理由を作る

2.絶対にやめない

と、書いててめちゃくちゃマッチョな答えが出てきましたね(笑)上記の2つを揃えたら絶対に英語は伸ばせることを保証します!

絶対に英語を伸ばさなくてはいけない環境を作ることが必要なのは、人間は意志を継続できるほど強い人間ではないからです。必要に迫られないと基本的にはやりません。英語はただでさえ、日本人には馴染みがなくて、必要がないものなので、そういった(いわゆる)追い詰められた環境を作る以外ありません。

そのためにはどうすればいいか?

1.定期的に会う海外の友達を作る

2.英語を話す恋人を作る

3.英語を使う会社に入る

 

って、かなりハードル高いですよね。実際、いきなり海外の友達を作ったり、会社に入ったりというのは、さすがに難しいです(笑)

そのため、まず事前準備として、個人的にはオンライン英会話を強くおすすめしたいです。実際に海外の方と会話の実践を積むための、予行練習といえます。

今回私が紹介させていただきたいのは、Camblyというオンライン英会話レッスンです。

*HPのスクリーンショットを引用*

初心者から上級者まで、レッスンコースが充実しており、自分のレベルにあった教材でネイティブの先生と何時でもレッスンが可能です。私個人的には、特に初心者の方は「英語の型」を掴むことが一定大切であるため、こういった教材での反復練習をお勧めしています。

動画の中でも、特に初めての方のオンライン英会話活用方法についても動画で話したので、ぜひ6分から参考にしてみてください→

 

事前準備(オンライン英会話)と実践の反復で、言語は必ず磨かれていきます。そこには反復と継続が非常に重要です。事前準備でコツコツ英語のスキルを磨き、くるべきチャンスが来た時に、ぜひ手を挙げてきっかけを掴める人になってください。そういった行動一つ一つの継続が、みなさんの英語力向上への導きます!

Kayoreena
私も何度も、外国の方の会話に混ざって「うまく話せずに悔しい」という思いをしてきました。その「悔しい」と思った回数が、自分の英語力を磨いてきてくれました。

最後に、今日はこの記事を読んでくれた方皆さんに、私からささやかなプレゼントを用意しています。

今回、私のYouYubeでコラボしてくれたCamblyさんからの提供で、15分の無料体験レッスンが受けられます。さらに、2022年8月31日までの期間限定で1年コースが半額となります。「kayoreena」のコードをいれてぜひチャレンジしてみてください。

 リンクはこちら

英語学習のきっかけづくりと、新たな一歩を踏み出す方を応援します。

 

今日は「なぜ日本人は英会話力が弱い?英会話を克服するために必要な2つのこと」をテーマにブログ記事をお届けしました。みなさんの英語学習のエピソードやコメントなども、ぜひYouTubeやTwitterなどでシェアしてくれるとすごく嬉しいです:)

The following two tabs change content below.

KAYO OSUMI

函館生まれ 北海道大学医学部卒。2016年9月よりインドの現地採用で就業。当時よりインドに進出する日系企業向けに、インド現地の話題やビジネスに特化した記事を合計600本以上執筆してきている。2018年1月から東京拠点に移し活動を続ける傍ら、現在は株式会社メルカリのインド人・外国籍エンジニアの就業支援。引き続きインドのマーケティング、調査、人材採用を強みとする。
Kayoreena
もしこの記事が役に立ちましたら、ぜひ皆様のSNSでシェアしてください!◎

ABOUTこの記事をかいた人

函館生まれ 北海道大学医学部卒。2016年9月よりインドの現地採用で就業。当時よりインドに進出する日系企業向けに、インド現地の話題やビジネスに特化した記事を合計600本以上執筆してきている。2018年1月から東京拠点に移し活動を続ける傍ら、現在は株式会社メルカリのインド人・外国籍エンジニアの就業支援。引き続きインドのマーケティング、調査、人材採用を強みとする。