インドのスマホ市場について 〜インドで売れているスマートフォンはどれ?〜 vol.170

The following two tabs change content below.

kayoreena920

函館生まれ 北海道大学医学部卒。2016年9月インド人材紹介会社Miraist 所属。インドで働き始めて毎日1本インドブログを更新。インドで働きたい人の背中を押すべく始めたインドブログが、最近の趣味となっている。

みなさんこんにちは!Kayoreenaです・ω・

先日「海外就職するとき、スマホはどうしていましたか?」という質問をいただきました。

 

最近は日本でも格安Simフリーで利用している方が多いですよね。私もその一員でした。

インドは日本より通信費が安く利用できるので、まずはご自身でSimフリースマホを準備し、インドに来てからSimを購入するというかたちでいいかと思います。

さらに質問にあったのは「インドでスマホ(Simフリー)は買えますか?」という質問。

 

うーん、難しいかなーー。。。

 

って、んなわけ無いですよね?!笑 インドでも、スマホ買えます。

今日はそんなわけで、インドのスマホ市場についてお話したいなと思います:D

 

インドスマホ市場、強いのは「Samsung」と「中国ブランド」

まずは「インドでどこの企業のスマホが売れているの?」と言ったところですが、答えは「Samsung」と「中国ブランド」2016年は、この2強でした。

 

調査会社Canalysによると、2016年のスマホ市場のシェアの内訳はSamsungが22%。

その後に続くのがXiaomi(シャオミ:中国企業)11%、Oppo(オッポ:中国企業)が9%、Lenovo(レノボ:中国企業)が9%、Vivo(ビボ:中国企業)が7%となっています。

Samsung,圧倒的ですねー!

圧倒的Samsungはサイバーシティのど真ん中にスクリーンを設置しており、存在感がある。

 

実は2015年まではMicromax、Intex、Lavaと言ったインド企業のプロダクトも約30%のシェアを持っており、上位トップ5にも入っていたのですが、2016年にかけて上記企業が圧倒的シェアを伸ばし、インド企業のシェアは11%まで減ってしまったとのこと。

中国ブランドがインドスマホ市場で強い理由

中国ブランドがインドスマホ市場で強い理由は「安い価格帯」と「潤沢なマーケティング資金」にあると言われています。

インド人は中国人同様、多機能のデバイスを好み、操作のしやすさだけでなく、低価格製品を好みます。

また、有名企業への忠誠心が薄いため、i-phoneのような高品質、高価格、高ブランドな製品よりも、中国製品のほうがマッチしていると分析されています。

それ以外にも、昨年の高額紙幣問題への対応の速さも一因とされています。

インド企業は、小規模小売店で現金でスマホを買うような消費者をターゲットにしていましたが、

今回の高額紙幣問題(インドの高額紙幣が一晩にして使えなくなった政策)で短期的に消費の勢いが落ち、

結果、小売店側が、インドのスマートフォンから在庫の動きが速い中国・韓国のスマートフォンへとシフトしていったとのことです。

 

中国スマホブランドの急激な成長

上記の通り、中国企業はインド市場で目覚ましい成長を遂げています。

特にXiaomiは、2016年に初めてインド市場での年間売上が10億ドルを突破(前年比+232%)。

Lenovoもマーケットシェアを11%拡大し、Oppoの出荷台数、なんと1500%以上に伸びました。

(1500%ってなんだ?!笑)

 

インドのスマホ普及率は2016年時点で約16%、人口でいうとちょうど2016年に3億人を超えました。(日本の全人口2倍以上の人がスマホを使っている!)

2018年には21.5%に増えると予測され、早ければ今年中に、米国を抜いて中国に次ぐ世界第2のスマホ市場になると見込まれています。

こんな感じでインドのスマホと言えば「Samsung」か「中国ブランド」がイケイケな感じです。

 

ちなみに私の友人PriyankaはSamsung。

よくSamsungのスマホで自撮りしてますが、何も問題ないクオリティです。

日本でSimフリースマホを買ってくるもよし、でもインドでも、安くていいスマホはたくさんありますよ。安心してください:D

「インドって、i-phoneはどれくらい売れてるの?」「日本ブランドは全然有名じゃないの?」等々、まだまだ突っ込みたいところもあると思いますが、今日はこのへんで。

今週末はホーリーというイベントで、皆が浮かれ気分だぞ。はやく帰ろうっとw

 

参考URL:

http://jp.techcrunch.com/2017/01/26/20170124samsung-and-china-domination/

http://forbesjapan.com/articles/detail/13853

Kayoreenaとは?…本インドブログライター。

2016年9月よりインド就業を開始し、赴任2日目から毎日1本インドブログを更新中。日曜日はインドブログEnglish Version「My Indiary」も更新。Kayoreenaはオリジナルネーム「Kayo」とインドのボリウッド女優「Kareena」をミックスしてつけた名前。

本業はインド就職の人材紹介。インドで働きたい人の背中を押すべく始めたインドブログが最近の趣味となっている。

また、インドで働く日本人女性のインタビュー「Miraist Woman」の編集長も勤めている。今の目標は日本のメディアでインド連載を持つこと。

 

 

 

 

Home

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ









ABOUTこの記事をかいた人

函館生まれ 北海道大学医学部卒。2016年9月インド人材紹介会社Miraist 所属。インドで働き始めて毎日1本インドブログを更新。インドで働きたい人の背中を押すべく始めたインドブログが、最近の趣味となっている。