インド最大!日本人のボリウッドダンス祭り「DB2 Party」 vol.169

The following two tabs change content below.

kayoreena920

函館生まれ 北海道大学医学部卒。2016年9月インド人材紹介会社Miraist 所属。インドで働き始めて毎日1本インドブログを更新。インドで働きたい人の背中を押すべく始めたインドブログが、最近の趣味となっている。

みなさんこんにちは!Kayoreenaです(*´ڡ`●)

今日はブログ史上初?!となる、インド部活動レポートをお届けしますよー☆

 

今回の取材先はこちら!!3月5日に開催された

「DB2 Party Episode.8」

☆DB2…インド初の日本人男性ボリウッドチーム。30代から50代までのメンバーで構成されています!

こちら「Danshi(男子)Bollywood(ボリウッド)Dance Bu(ダンス部)」の年に2回のダンスパーティーにお邪魔させていただきました。

(DBが2つ、それで「DB2」なんですね!)

 

今回、DB2ダンスパーティーということでご案内いただき、全くどんな感じか予想がつかなかったのですが、まさかの350人超え(!)の参加者で、会場は開始前から熱気で溢れていました。

実はインドには20を超える日本人によるボリウッドチームが存在し、中にはキッズ達だけで構成されるチームも多数。

このDB2 Partyは、インドにある日本人ボリウッドチームが勢揃いし、それぞれのダンスを発表する、まさに「ダンス祭り」といったビッグイベントなのです。

3代目J−soul 前座−ズによる前座からスタート。

日中はお仕事ガンバッテ、日曜日は身体をはって笑いを取り、マジで尊敬します…!!めっちゃ面白かったです!

 

オープニングはDB2のメンバーによるダンスからスタート!衣装ツッコミどころあるけど、子どもたちは素直に突っ込んでいた気がしますw

 

DB2の顧問的位置づけで、インド日本人コミュニティダンス界に革命を起こしたと言っても過言ではない?!Vikram先生が応援に駆けつけてくれました。

皆の発表を温かく見守ります。

 

パーティーのはじめはKidsたちの発表からスタート。

子どもたちのチームは幼稚園くらいから中学生くらいのチームまで年齢幅広く、それぞれのチームにオリジナル衣装があり個性豊かでした。

 

ダンスの他にも「ナマステ合唱隊」による合唱も。日本の歌とか聴くと、故郷を思い出しますね(しんみり)とても歌が上手でした。

 

 

こちらはB-Xileというチーム

あれ、この写真載せても大丈夫かな…ドキドキ…と思っていたら、早着替えでかっこいいダンスに変身

 

 

BollyWoodって本当いろんな種類があるんだなー!

 

途中、前座ーズに代わり?!「中座ーズ」が登場! …ん?Vikram先生も巻き込まれてる?!ww

きょうあつまってもらったのはほかでもなーーい!」コント、めちゃくちゃおもしろかったです。皆さん、頭叩かれていましたが痛くなかったのでしょうか。それだけ心配ですw

コントがめちゃくちゃおもしろいのでぜひ見てください。

ここで頑張っている方々はインドで活躍されるスーパービジネスマンです。普段のオフィスではテキパキ仕事してます。ギャップ萌えですねw

 

この日一番子どもたちの注目を浴びた「Marimo Magic」

Marimoさん、Magicもできるんすか。それにびっくりです。しかも面白かったです。すごすぎます!

 

そして、個人的に楽しみにしていたNH8!!!

まだできて半年?くらいの若いチームですが、超本格的ダンスチーム。えみさん、リチャさん、白井さん、早瀬さん、和田さん、まきさんと言った馴染みあるメンバーが所属・ω・

 

インド人メンバーも馴染んでる!

ちなみにNH8とはグルガオンにある高速道路の名前。DB2に対抗して「英語・英語・数字」のチーム名にしたとか、確かリチャさんが教えてくれた記憶が…!

 

まきさんはNH8の他にサルサダンスも披露

あんな高いヒールで本格的サルサを踊りこなすなんて…!

そして個人的には、美しいスタイルにフィットした白のドレスの衣装にも見とれてしまいました(きっと私以外にも見とれている男性が多かったに違いない)これ以上は言いません。

曲のタイトルは「チーズなしでは生きられない」というタイトルなんだそうです。イタリア人が作ったのかな?笑

 

今日本で話題の恋ダンスも!(ゆうこさん可愛い)その後どんどん人が集まり、みんなで一斉に恋ダンス♡

お子さんを抱っこしながらダンスするパパたちの姿が印象的でした。

なんか日本みたいな空間ですね。会場はインドですがw

 

いよいよ発表も終盤!こちらはLulu Bolly

足元に鈴のようなものがついていて、動くたびにチャリンと音が鳴り、踊りも女性らしい感じでした。私もこういう踊りならやってみたいなー(Priyankaに話したら、Kayoは踊りが下手だから先生をつけろと言われた笑)

 

そして、ゆうこさん所属のMeam

男子と女子の衣装に分かれているのが個性的!華やかな色合いの衣装はインドならではですね。

 

人数が多いとそれだけで迫力がありますね!

 

ゆうこさんの決めポーズも撮っちゃいましたよ・ω・

 

(やばい、この時点でおそらく過去ブログの中で一番写真使ってる気がする…!編集大変やw)

 

ということで最後!最後はこのチームです!(え、どのチーム?)

我らがDB2ーーー!

そうそう、だってこのパーティーが開催されているのは、なによりDB2の皆さんのスタートがあってこそですもんね!

最後にキメキメに踊りますよー!

丁寧にDB2パーティーにお誘いいただいたMarimoさん!(実はMagicも出来るということに衝撃。そしてMarimoさんジュニアもソックリで可愛かった)後ろには後藤さんも発見ー!笑

 

この日、白井さん帰任と知ってショックだった瞬間。高額紙幣問題のときのFacebook投稿が面白くていつも記事引用させてもらっておりましたm(_ _)m

 

最後は本物のダンスもお届けします!!!

平日、お仕事もお忙しい中で、こんなに完成度の高いダンスを披露されていたことにただただ驚きました。そして何より、平日のときよりイキイキしていた気がします!(あれ、これ言っちゃいけないやつ?笑)

やはり、働くお父さんが元気なことが、社会を元気にするのでしょうか。これからもDB2の皆さんには、日本人ボリウッドコミュニティを盛り上げていってほしいですね!どんなに仕事が大変でも!・ω・

 

こちらは山本さんが撮ってくれた一眼レフカメラの写真。やはり一眼には勝てない… 参加者皆が集まり、とてもいい写真:D

 

そして最後に、やはり忘れてはいけないこの人。

Vikram先生です(ここで本日初登場の大角w)

Vikram先生が2013年に一人の日本人駐在員男性と知り合い、男子ボリウッドダンスチームを立ち上げるところからDB2の歴史はスタート。

DB2初代メンバーは10名以下だったものの、着々とメンバーが増えていき、今では結構大規模なサークルとなりました。今回、19歳の男の子もいたような!

 

インド生活、仕事が大変でプライベートの過ごし方がわからなくなってしまう‥‥そんな人もいる中、

DB2の誕生により「インド生活を豊かにする仲間・活動」に巡り会え、一気にインド生活が充実したという日本人男性も多数とのこと。

そんなきっかけを生み出してくれたVikram先生は偉大な存在であるといえますね。

 

*Vikram先生とDB2の歴史は、最後に参考URLを載せます!

もし今「仕事だけで、土日にやることがない・・・」「もっとインドを楽しみたい」「何か新しいことをやりたい」

そんなことを考えている人は、DB2の皆さんを訪ねてみてはいかがでしょうか。活動は日曜日の17時〜1時間程度。ダンス初心者もOK!!ゴルフで遅れてもOKだそうです!笑

こうやって異国の文化に触れる活動は凄くいいですよね。日本にいたら、なかなかできないですよ!私もすごく素敵な発表が観れて、本当に楽しかったです。

*ブログ内容、思いつくまま書きましたが、修正箇所ありましたら言って下さーい!それでは一旦これで投稿します・ω・

 

皆さん今回はお声掛けいただきありがとうございましたー!

 

参考URL:

「ボリウッドダンスがあってインド生活が楽しくなった」ダンスを教えるインド人、教わる日本人

Kayoreenaとは?…本インドブログライター。

2016年9月よりインド就業を開始し、赴任2日目から毎日1本インドブログを更新中。日曜日はインドブログEnglish Version「My Indiary」も更新。Kayoreenaはオリジナルネーム「Kayo」とインドのボリウッド女優「Kareena」をミックスしてつけた名前。

本業はインド就職の人材紹介。インドで働きたい人の背中を押すべく始めたインドブログが最近の趣味となっている。

また、インドで働く日本人女性のインタビュー「Miraist Woman」の編集長も勤めている。今の目標は日本のメディアでインド連載を持つこと。

 

 

 

 

 

Home

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ









ABOUTこの記事をかいた人

函館生まれ 北海道大学医学部卒。2016年9月インド人材紹介会社Miraist 所属。インドで働き始めて毎日1本インドブログを更新。インドで働きたい人の背中を押すべく始めたインドブログが、最近の趣味となっている。