インドブログランキング1位を取って、思うこと vol.148

Share on Facebook
LINEで送る

みなさんこんにちは!Kayoreenaです(^^)

 

先日、ブログを開始してからエントリーしていた日本ブログ村にて、

インド情報カテゴリ−PV数でついに1位を獲得しました\(^o^)/

 

ついにーー\(^o^)/やったね☆

にほんブログ村とは、日本最大の人気ブログランキング、ブログ検索、最新記事表示が大人気のブログ総合サイト。ブログのPlatformと言えるべきサイトなので、ここに登録しておくことでブログ好きな人が訪問してくれる確率が上がります^^

 

 

すべてのスタートはここ!

とりあえず言われたことはすべてやってみる。この頃から1位なる宣言、私らしいw

 

 

 

10日後には27位から4位まで!あれ?結構簡単?と一瞬思いましたが、まだブロガーと名乗るのはやめておきました。

 

 

 

ブログの更新ばかりしすぎて?!仕事してない疑惑浮上w このとき、まだ20本しか書いてないんだなー

 

 

上位5位以内に入れるようになるものの、一向に1位にはなれず・・・

やはり何事も1位の壁はでかい…「余裕なのかな?」と思ったのが甘かった。

 

そんな中、今までの指標だったOUT数(にほんブログ村から自分のブログにアクセスしてくれる人の数)ではなく、純粋にPV数(アクセス数)でランキングを勝負することに!

 

その結果、

2位まで浮上しました。

 

と、こんな感じで

なんだかんだ時間はかかりましたが、無事、144本目の記事を書いた日にランキング1位を取ることができました\(^o^)/

 

ランキングに参加したのは、自分のブログの価値を、何かの指標で示せるようになりたいと思ったからです。

あと「インドNo.1ブロガーです」とか言ってみたかったから(笑)

 

これで一応、インドのブロガーと名乗ってもいいかな?と少し思います。

ですが、死んでも「インドNo.1ブロガーです」とは言えないですね。言ってみたかったものの、何がNo.1かよくわからないし(笑)

私はもっと違うところで、これからも価値を高めていきたいなと思います(でもとりあえず、1位になれてよかった^^)

 

完成形のないブログ。消えない不安。

ブログ1位になって、少しは自信でもつくのかなと自分自身に期待したのですが、そんなことは全然ありませんでした。

最近は、ブログの認知度が少しずつ膨らんできていて(特にインドで)知らない人も「ブログを読んでいますよ」と声をかけてくれたり、Kayoreenaと呼んでくれたりすることも増えました。

凄くありがたい限りです^^

 

それと同時に、自分はこのブログにどんな価値がつけられるか、どんな情報を届けられるかという疑問が毎日膨らむばかりです。

なぜかというと、これからの時代に求められる人材、価値というのを、自分自身はまだまだ生み出せていないと思うからです(あ、急に真面目な話になった?笑)

 

例えば、最近話題の人工知能

あと数年でいろいろ私たちの世界に大きな変化をもたらすのだろうなと思います。もっと近い将来かもしれません。

そんな時に、彼らが私よりもっと有益なブログを書いたり、情報のまとめ方をしたら、私の存在は必要なくなってしまうのではないか?ということを本当に思います。

これから向かう時代に生きる人間として、これからの時代に必要とされるためのスキルを、いまつけられているのかということを、このブログを書いてて考えます。

 

海外就職に関して思うことを話すと、それ自体が価値があるかどうかというのはわかりません。その選択に価値をつけるのは自分自身だからです。

海外就職したら、日本で働く人より良い経験ができる、日本で働く人より成長できる」と言うのは違います。結局、その環境でどういう意識でどう行動するかどうかの違いだからです。(もちろん、やりやすい環境を選ぶことは重要ですが)

 

つまり私が言いたいことは、これからの時代に必要なスキルは「海外での経験」と言った安易なものではなく「どんな場所にいても必要とされる人になること」だということ。

そう考えた時に、私が今持っているスキルは、まだまだ代用が効く気がするし、もっともっと自分にしかできないことを追求する必要があると思うのです。

 

1位取って、「やったねーーー\(^o^)/」みたいなゆるい記事を書こうかと思ったのですが、

将来の自分のためにも「調子乗るなよ」という意味で書いておきましたʕ•ٹ•ʔ笑

 

はい、ということで、また明日から頑張りますʕ•ٹ•ʔ

 

 

Home

ブログランキング・にほんブログ村へ

Share on Facebook
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です