インドで中国製格安スマホを買う

The following two tabs change content below.

kayoreena920

函館生まれ 北海道大学医学部卒。2016年9月インド人材紹介会社Miraist 所属。インドで働き始めて毎日1本インドブログを更新。インドで働きたい人の背中を押すべく始めたインドブログが、最近の趣味となっている。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ

みなさんこんにちは!Kayoreena(@kayoreena1021)です!

先日「インドで最も起きてはいけないトラブル」が起こりました。

インドで最も起きてはいけないトラブル

2017.10.14

本日はそれの続きです。

 

インドで最も起きてはいけないトラブル…ということで、それは「スマホが使えなくなること

そんなこんなで、スマホがないと何もできないので

 

オートリキシャで近くのモールまで行って、スマホ(中国製格安スマホ)を買うことに。

 

 

Kayoreena
実は結構前から「中国製の格安スマホ」が気になってたんですよ。インドですごく流行ってて、オッポだのビボだのシャオミだの、日本では聞き慣れないような企業名「あ、それ中国だな」っていう感じで(笑)

 

実は以前から、スマホに関する記事も書いてたりして、現在インド市場ではサムスン(韓国)または中国製が流行っていることは知っていました。

 

インドのスマホ市場について 〜インドで売れているスマートフォンはどれ?〜 vol.170

2017.03.09

 

本文より

調査会社Canalysによると、2016年のスマホ市場のシェアの内訳はSamsungが22%。その後に続くのがXiaomi(シャオミ:中国企業)11%、Oppo(オッポ:中国企業)が9%、Lenovo(レノボ:中国企業)が9%、Vivo(ビボ:中国企業)が7%となっています。

 

 

Kayoreena
サムスンってもう有名なのは知ってるけど、国製って本当にいいの?!って思うじゃないですか(私だけ?)

日本での中国の報道って、あんまりいいものがないから、なんか中国製品ってすぐ壊れちゃうんじゃないの?とか思ったり(中国の方ごめん。最後までブログ読んでね笑)

 

*実は世界的にも中国製のスマホはユーザーが多い

Forbes Japan 世界のスマホ、上位10社の半分は「中国製」の衝撃データ

データではアクティブユーザー数のランキングで、上位10社のうち5社は中国ブランドであることも示された。ファーウェイが5.4%で3位、シャオミやレノボ、OppoやVivoらがそれに続いた。
サムスンはアップルに続く2位で23.5%だった。LGは2.5%で6位。ソニーは2.4%で7位だった。

 

中国スマホ・ファーウェイ、世界市場シェアが初めてアップル上回る、サムスンに次ぐ2位に―香港メディア

2017年10月22日、大公網によると、中国スマートフォンメーカー・華為(ファーウェイ)は2017年第1~3四半期のグローバル市場における出荷台数が1億1200万台で前年同期比19%増、売り上げも同30%以上伸ばしたことを明らかにした。

ファーウェイのグローバル市場におけるシェアは米アップルを初めて上回り、韓国サムスン電子に次いで2位となった。出荷台数に比べて売り上げの伸びが著しいのは、ハイエンド市場での販売が安定さを増していることを示している。

 

さっそく近くのモールに向かいました。

(この時点でカメラを持ち歩く余裕がなかったので、ここからは後ほど買ったスマホで撮影した写真を添付します)

インドのスマホショップはこんな感じ。

店によっては、各社のスマホが使えるようにサンプルも設置してあります!

 

 

Kayoreena
サムスンイケイケに宣伝中

 

ということで、早速実際にサンプルを使ってみました。

 

結論

違いわからず(笑)

 

 

Kayoreena
値段でカメラの性能や容量が大きいのはわかった。でも、シャオミ、オッポ、レノボ…それぞれの違いははっきり言ってわからず。値段の相場もほぼ一緒。あとはちょっとした使い心地とかなのかな…(事前にしっかり調べればよかったけど、そもそも今手元にスマホない…笑)

 

店内ちら

 

 

Kayoreena
そういえばOPPO,最近Cyber Cityのビル全面に広告出して頑張ってるし、メトロの外装もジャックしてたっけ。

OPPOにするか…

 

ということで、購入は中国製OPPOの機種に決定!!

 

 

 

Kayoreena
実は一瞬、新しく出るiPhoneシリーズ買おうかなとも思ったのですが、インド人の中国製スマホユーザーが多い中でiPhoneはないだろ(郷に入っては郷に従え)ということと、あとはiPhone高すぎるから、一旦格安スマホにすることに。

 

徹底した格安スマホで性能を見極めたかったので、一番安い9,690ルピーのスマホ(ネットで8500ルピーになってた 2017.10.25現在)を買いました!(日本円で17,000円くらい)

現在、2週間ほどOPPOのA37使っていますが、

 

 

結論

何も問題なし(むしろなんか問題あってよ!!もうこれ以上スマホにお金かけなくなっちゃうよ!笑)

 

 

今のところ、何も不備なく使えています(一部日本のアプリがダウンロードできなかったくらい。これも調べて対処すれば大丈夫そう)

OPPOは日本語も選択言語の中に入っているので問題なし。たまに「充電は最高の状態です」と表示され、若干日本語気になるけど(笑)愛嬌。

シムフリーなので日本でも使える。軽い。デザイン良い。これで1万ルピー切る…。

 

ありでしょ!!!!

 

*詳しい情報はネットからご確認ください。

OPPO Websiteへ

 

スマホも使い捨ての時代?!自分の用途に合わせて選択を

今回の件で思ったことは、スマホ=使い捨て の時代がやってきたな〜といったところ。大げさかもしれませんが、今回のスマホ、多分壊れても修理しないんですよね。だって修理費のほうが高くなりそうだから。その金額出すなら、新しいの買っちゃおうかなってなると思います。そうなると、スマホ=使い捨て になってしまいます。

ただ、私の場合、スマホに求める役割ってほとんどなくて、アプリ、SNS、電話…以上なんです。私はMac Proでほとんど仕事の作業をするので(ブログも含め)スマホでは確認程度の作業しかしないんです。スマホはいつ初期化されても、さほど困りません。だから、格安スマホの範囲内でいいかもしれません。

これが、全部の仕事の作業をスマホで完結したいとい場合は話は別で、格安スマホではなく、iPhoneやその他高機能高価格帯のものをおすすめします。私ももともとiPhoneユーザーでしたが、iPhoneは痒所に手が届くしっかりした作りです。

例えば、格安スマホって若干GPS機能とかiPhoneに劣るんですよね。私はあまり気にしないタイプですが、昔ドライブにいってGPS機能を格安スマホで使った時、ドライバーの友達(iPhoneユーザー)が反応悪くてすごくイライラしてたんですよね(笑)

なので「格安スマホは確かに使えるけど、仕事で使いたいなら高機能高価格帯をおすすめ」が本音です。

 

そして、気になる中国製というところですが、これも問題なさそうです。

*参考資料*

激安なのに「性能はiPhone並み」シャオミ新スマホ、350ドルで発売

→OPPOではないですが、全体的に中国製のクオリティが上がっていると評判。

 

ただ、インド人の友達にOPPO買ったって言ったら「すぐ壊れるんじゃないの?」って若干否定的で、でもこれって多分反中感情なんだろうなっていうのを一瞬思ったのでした(笑)










ABOUTこの記事をかいた人

函館生まれ 北海道大学医学部卒。2016年9月インド人材紹介会社Miraist 所属。インドで働き始めて毎日1本インドブログを更新。インドで働きたい人の背中を押すべく始めたインドブログが、最近の趣味となっている。