僕らがアメリカにいる理由 〜海外で活躍する日本人を発掘する企画〜 vol.468

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ

みなさんこんにちは!Kayoreena(@kayoreena1021)です!

 

今回は新企画『海外で活躍する日本人を発掘する企画』です。

 

Kayoreena
もうちょっとタイトルセンスあっただろうw

 

ということで、今回勝手に企画してみました。

 

 

海外で活躍する日本人を発掘する企画とは

世界各国で活躍する日本人を紹介する企画です(そのまんま)実は過去にも、何名かの方をご紹介させていただきました。

海外で働くときの不安の乗り越え方、教えてください vol.430

2018.02.01

【海外在住日本人特集】ナンパで出会ったフィンランド人美女と結婚 フィンランド在住Captain Jackさん vol.305

2017.07.23

フランスで働く日本人女性とインドでお会いした話

2017.11.03

【海外在住日本人特集】ルワンダ情報専門サイト『ルワンダノオト』運営 タケダノリヒロさん vol.315

2017.08.03

 

例えば地球代表の宮崎さんとか、すごくすごく有名な方ですが、まだまだ世の中には、あまり有名ではなくても世界各国に面白いことしてる人っているんじゃないかな〜と、ふと思ったんですね。

 

Kayoreena
個人的には日本を飛び出してる時点で、何かしらの面白いネタありそうだと思っています。

 

そこで、まだそこまで有名ではないけど、これからどんどん目立った活躍をしていきそうな日本の人を発掘したい!と思い付き、こんな募集をかけてみました。

 

今回の企画では、このtwitterに「我こそは!」と連絡してきてくれた将来の有名日本人(海外組)を皆さんに紹介していきます!

 

 

大変ありがたいことに、たくさんの方からご応募いただきました!本当にありがとうございます!

本当は、一人1記事で紹介する予定だったのですが、ちょっとあまりに難しそうだったので、エリアごとに分けてご紹介させていただきたいと思います。

 

*本当は「肩書ごと」で紹介しようか悩んだのですが(学生、起業家、自営業、会社員など)同じエリア同士の横のつながりもできるといいな〜ということと、同じ国でも切り取り方が人それぞれ違うということは面白い発見があるかなということで、今回は「エリア」ごとで分けてみました!

 

ということで、前置き長くなりましたが、

 

さっそくトップバッター「アメリカで発信する日本人」をご紹介します!

 

アメリカといえばさとしさんが有名です!

▷ロサンゼルスから帰国した29歳会社員が、海外の働き方や日本との文化の違い、世界のテック情報について緩く呟きます。4本書いた駐在日誌は30万PVに。ハフポストでも書いてます。NewsPicksアメリカおすすめピッカーにも。Mercari←NTTData(2年ほどアメリカ・インドで勤務)。サラダ好き

以前Kayoreenaのブログにも登場してもらっています!

 

 

僕らがアメリカにいる理由 〜アメリカで発信する日本人〜

「世界で活躍し日本にいる人たちにとって何かの形で応援できるようになりたい」

まっと@ノマドライフ@matt_922w 

アメリカのワシントン州のコミュニティカレッジでビジネス専攻勉強。とにかく好奇心が強めです。性格はかなりポジティブ思考で普段からずっと笑っているらしいです。高校の卒業旅行は南米に行きました。NYにいるホストファミリーが大好きで定期的にNYに行きます。今はブログを使って色々な人と仲良くなることを目標にいろんな記事を書いています。

 

今はアメリカの大学で国際ビジネスを専攻。現在個人的にこれから必要になりそうなコーディング、不動産について勉強しているとのことです。発信内容は主に海外で楽に立つサービスの紹介、留学において知っておくと生活が快適になる情報をメインで発信しています。旅行が好きなので旅行関係についても記事を書くこともあるとのこと!

 

 

Matt
人を巻き込んで世界の広さや素晴らしさを一人でも多くの人に伝えたいと思っています。言語のハードルを下げたいという願いもあります。

 

 

ライブ配信も実行中とのことなのでぜひ皆さんアクセスしてみてください!(私も今度行きます!)

 

 

 

「海外生活、英語に興味がある人、実際している人が情報を得られるようにしたい」

Megumi-Hawaii/世界中でデジタルノマド生活

@MeginHawaii

結婚3度目で国際結婚。ハワイに住んで4年目。大学行ったりビジネスしたりブログ書いたり。シンガポール、フィリピンに住んだ経験もあります。2019年から色んな国を気分で移動しながら暮らすデジタルノマド生活を始め、車に暮らすバンライフも挑戦予定

 

 

MeginHawaii
とにかく大大大好きなハワイ生活ですが、色んな国に住んだり旅行する事がずっと昔からの私の夢なのです。色んな国に1年ごとに住んだとしても体力のある60歳前までに住める国数は20数ヶ国しか住めない。ってことにふと気付きました。

いつ病気になるかわからないし人はいつ死ぬかもわからない。周れるうちに周っとかないといつの間にか不可能になっちゃうかも!って事で、そんな生活が出来る保証もないのですがとりあえず2019年中にノマド生活を始めると決めてみました。

 

Megumiさん、自己紹介のページを読んでもらうとわかりますが、いろいろな人生経験があり、単なるアメリカ移住情報以外にもいろいろ記事読んでみたいですね。

 

 

「アメリカ生活の日常、自分が実際に体験したことをゆる~く発信」

ごろゆる@南カリフォルニア

LA County, Ventura Countyに住み, 今はOrange Countyに生息しています。ぐうたら嫁のわたしとオタクな旦那さんとの生活日記を書いております。カリフォルニアに住んで10年以上経ちますが、まだまだ英語修行中。日本もアメリカも両方好きです。どっちも良いところ悪いところあるよね。

国際結婚してアメリカに住んでますが、日本移住計画を実現したいです。

 

個人的にはLALALAランドのロケ地レビューわたしが感じる日本とアメリカの見た目の価値観の違いが面白かったです。英語環境に身を置きたくて語学留学したのがはじまりとのことですが、10年以上のアメリカ在住歴はすごい!

 

 

 

「未知の環境で自分の知らないことを学びたい」

髙本りな : Rina Kohmoto @RinaKmt_pf

アメリカでピアノ弾いてます。 瀬戸内海のちいさな離島で生まれ育ち、上京→早稲田大学中退→引きこもり生活を経てフリーランスで東京で活動。突如思い立って2015年アメリカに音楽留学、2018年首席卒業しました。 よい生き物になるのが今年の目標 いつか玉置浩二さんのサポートで弾くのも目標です

 

 

Kayoreena
超天才!可愛くて音楽できて頭良くて、これはモテるだろうな〜。。。!!

 

りなさん
今月まで大学生をしていたので、これまではアメリカでの留学生活と音楽の仕事に関する体験談の発信を主に行っていました。
今後はアメリカでの音楽の仕事のことに加えて演奏動画の投稿、語学に関する情報発信などを中心に、海外進出を夢見る方々への情報提供と後押しができればと考えています。

自分の軸と目標をしっかり持っていて、正しく努力することができれば、国内・海外にかかわらずどこにいても成功できるということ、あと人間性はほんとうに大事ということを伝えたいです。

 

youtube、ブログ、ぜひ始めてほしいです!

 

 

「自分の知識や情報、研究結果を一般社会に還元できる人になりたい」

Kayoko Shioda @KayokoShioda

 

Kayokoさん
海外PhD・MPH(公衆衛生学修士号)留学に関する情報、英語の習得方法、イェール大学の情報、エモリー大学の情報、CDCやWHOの情報、感染症の情報、公衆衛生関係の情報、海外での就職情報など発信しています。

 

Kayoreena
同じ名前〜!

同じ名前なのに、あまりに学歴優秀過ぎて恐縮です。。私も医療の分野を突き詰めればKayokoさんのようになれたのかな…(いや無理だけど)

最先端で活躍し続けてほしい!

 

Kayokoさんが海外に出た理由

私が公衆衛生に関わる獣医師になろうと決意したのは、父の仕事の都合で南アフリカ共和国に住んでいた頃でした。アパルトヘイト廃止直後で、まだまだ差別が露骨だった時代です。スラム街には上下水道が整備されていない建物が密集し、治安も最悪で、住む人たちの健康状態も酷いものでした。人も家畜も極限まで痩せ細り、親しかった友人の一人はエイズで亡くなりました。アフリカと聞いて思い浮かべるような動物の王国、自然の宝庫とかけ離れた姿の中に身を置き、小学生だった私は「人も動物も、みんなもっと元気だったらいいのに」と当たり前のことを思いました。そこが全てのスタート地点でした。

帰国後、人と動物の健康に関わる仕事がしたいと思い獣医学部に進学し、その後公衆衛生や感染症疫学の知識を深めるため、アメリカのエモリー大学に留学しました。 

 

そして、来週からアメリカ予定のこの方!

 

 

「どこへだって行けるし、なんだってできるし、誰とだって会える」

返田 岳 Takeru Sorita @nikosorit

日本、アメリカ独立リーグ、ドイツ、スイス、ベルギートップリーグ、オーストラリアステイトリーグで野球選手をしています。海外野球フォトブログにて、写真と文書で海外野球情報を発信しています。

 

 

Kayoreena
でかいなw

 

 

返田さんが海外に挑戦したきっかけはこちらのブログ記事に掲載されています。

大学院卒ブランク5年で野球選手として独立リーグ・海外でプレーするようになったきっかけ その2
返田さん

しかし25歳と言うのは、野球選手として決して若い年齢ではありませんでした。NPBのドラフトでもこの歳が賞味期限と捉えられることは多く、この前後の年齢を境に引退を決める選手も独立リーグや社会人野球の選手のなかには数多くいます(もちろん全く不可能ということはなく、ぼくの友人の中にもヤクルトから28歳でドラフト指名を受けた菊沢竜佑選手のような例もあります)。

ぼくとしても、復帰1年目ではありましたがこのまま続けて行ってこれから先に長いキャリアをイメージすることは難しく、そうであるならば少しでも自分の可能性を広げるために、様々なバックグラウンドを持った選手たちが集まる海外のリーグにプレーの場を広げたいと考えるようになりました(本文より抜粋)

 

おすすめ記事

 

海外での野球選手としての活動。将来は野球選手として現役引退と同時に海外野球で撮りためた写真を発表して、写真家として活動開始したいとのことです。

 

 

以上、トップバッター「アメリカで発信する日本人」をご紹介させていただきました!

 

Kayoreena
いや、皆個性ありすぎてすごく勉強になりました。

 

こんな感じで、残り35名分くらいご連絡いただいていますが、めちゃくちゃいろんな発見あり、面白いです。皆、積極的に発信しよう!

 

ゆっくりではありますが(でもなるべく早く)ほかのエリアの方々もご紹介していきたいと思います!


ABOUTこの記事をかいた人

函館生まれ 北海道大学医学部卒。2016年9月よりインドで人材紹介会社にて現地採用で就業。インドで働き始めて毎日1本インドブログを更新し、2017年末まで400本ほど記事を更新。2018年1月から東京拠点に移し、インドと日本を行き来しながら、インドビジネス関連の情報を発信している。