始まりは、必ずいつも二人である vol.205

The following two tabs change content below.

kayoreena920

函館生まれ 北海道大学医学部卒。2016年9月インド人材紹介会社Miraist 所属。インドで働き始めて毎日1本インドブログを更新。インドで働きたい人の背中を押すべく始めたインドブログが、最近の趣味となっている。

こんにちは!Kayoreenaです。

 

今日の夜も、同居系起業男子と夜ご飯を一緒に食べました。

*同居系起業男子とは4月上旬から私のシェアハウスに一緒に住み始めた28歳インドで起業した男の子のことです。最近は夜にリビングで近況報告をし合うのが定番になっています。

 

今日はモモというインドの料理を見つけたらしく(餃子みたいなやつ)それを買ってきてくれました。1皿山盛りにはいって60ルピーなんだそうです。

 

半分くらい食べてから残った皿を撮影(笑)

 

私は代わりに、白米を鍋で炊いて一緒にシェアしました。

 

さて、同居系起業男子の今日の仕事どんな感じだった??と聞くと、

新しく考案したビジネスプランが通った!という話をしてくれました。

 

日本で考えていたA案、実際に現場を見て変更を加えたB案、そして、さらに良くするために考案したB’案。

このB’案が、インド人のお客様にも受け入れてもらえたのだそうです。

 

自分たちのやりたいことと、同時に利益を出すために、プランを柔軟に変更していくことは重要。そして、やはり現場の様子を見ないといい案が思い浮かばないと話していました。

今日はインドの広告事情についても少し教えてもらいました(・∀・)ふむふむなるほど〜!

 

スタートは順調な様子。体調もくずしていないようです!いいですね!

 

相変わらず、毎日キラキラしている起業男子ですが、どうして起業するに至ったのか聞いてみたところ、会社員時代に経験した「新規事業立ち上げ」に楽しさを感じたからなんだそうです。

会社員時代は、新しくマーケットを開拓していく楽しさを感じながら、事業立ち上げを経験。

でも、それもある一定までやっていくと、だんだん落ち着いてくるのだそうで。

 

そのタイミングで、転職か?と考えたそうなのですが、

彼自身「挑戦し続ける人生を送りたい」という強い意志を持ち、

起業という選択をしたんだそうです。

 

自分がやりたくてやっていることは、どんなにやっても疲れない!と言っていました。

本当に、素晴らしすぎる。。。!!

 

 

起業男子に影響を受け、「実はね、私も…」と、少し本音を話してみました。

 

本当はこういうことをしたくてインドに来たんだ。でも、実際はこういう現実があって、ここで自分の思考はストップしてしまった。

この次は、どうやってすすめばいいか考えているんだよね…と。

 

本気で生きている人は、自分が本気でもぶつかってもきちんと聞いてくれるような気がしました。

「何かアドバイスが欲しいわけではないけれど、私がこういうことを考えているということを、知ってほしい。」

これは人の承認欲求っていうやつなのかな?よくわからないけど、私の最近の話を聞いてもらいました。

 

そこで起業男子からいろいろアドバイスを貰い、一冊の本も教えてもらいました。

 

(中略)

 

今日、彼から聞いた言葉に「何事も、始まりは必ず二人である」という話がありました。

今有名になっている大企業も、スタートはどこも二人からだった。

一人では、何もスタートできないという話です。

 

人は支え合って生きているということだろうか…確かになー。

自分の気持ちを言葉にして、誰かが受け取ってくれるから、こうやって次に繋がるわけで、

誰にも聞いてもらえない言葉はそのまま消えてしまうから、意味がないものになってしまう。

私も、今日自分の気持ちを言わなければ、彼が一冊の本を私に差し出さなかった。

 

一人で悩んでいるときこそ「悩んでいる」「こんなことを考えている」ということは、伝えたほうがいいのかもしれません。

何事も、始まりはいつも一人ではなく、二人なんだ。

 

そんな感じで今日の近況報告は終了。私は彼に何のアドバイスもしてあげられていないけどw

 

 

挑戦し続ける人生でありたい」という言葉、今の私にはすごくパンチのある言葉だったなー。

明日からも、また頑張ろう!

 

 

Kayoreenaとは?…本インドブログライター。

2016年9月よりインド就業を開始し、赴任2日目から毎日1本インドブログを更新中。日曜日はインドブログEnglish Version「My Indiary」も更新。Kayoreenaはオリジナルネーム「Kayo」とインドのボリウッド女優「Kareena」をミックスしてつけた名前。

本業はインド就職の人材紹介Miraist 所属。インドで働きたい人の背中を押すべく始めたインドブログが最近の趣味となっている。

また、インドで働く日本人女性のインタビュー「Miraist Woman」の編集長も勤めている。今の目標は日本のメディアでインド連載を持つこと。

 

 

 

 

 

Home

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ









ABOUTこの記事をかいた人

函館生まれ 北海道大学医学部卒。2016年9月インド人材紹介会社Miraist 所属。インドで働き始めて毎日1本インドブログを更新。インドで働きたい人の背中を押すべく始めたインドブログが、最近の趣味となっている。