さよならJapan インドへ帰ります vol.131

The following two tabs change content below.

kayoreena920

函館生まれ 北海道大学医学部卒。2016年9月インド人材紹介会社Miraist 所属。インドで働き始めて毎日1本インドブログを更新。インドで働きたい人の背中を押すべく始めたインドブログが、最近の趣味となっている。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ

みなさんこんにちは!Kayoreena(@kayoreena1021)です!

本日、日本から出国だったため、今日は若干更新が遅くなってしまいました…

そして無事、経由地のKLにつきました。

正直、そこまでの衝撃も感動もなく「まあこんな感じだよね」といったところ(笑)

思ったより栄えてはいたものの、いろいろなところの細部に途上国らしさが残っているといいますか、やっぱり日本が最強なわけですね。当たり前か。

一応、これだけ見に来ましたよ。

久しぶりに他国の人に囲まれる感じ。周りからは英語と現地語しか聞こえてこない。

でもこれくらいがいいですよ。

周りの人が誰かの噂話とかしてるの聞いても、なんにも嬉しくないし。日本ではそれが多かったから。

 

日本は本当に快適な場所でした。

空気もきれい、食事も上手い、治安もいい、生活便利、人は言葉通じる(笑)等々。

書けばキリがないくらいです。

でもやっぱり、私は日本ではなくこっちがいいなと思いました。

先日のインターン生ひろちゃん送別会の深夜スカイプにてスクリーンショット

 

ここからは少し本音トークを。(いつも嘘ってわけじゃないよ笑)

 

今回日本であった人の中には、私のインド就職に対して意見をする人もいました。

「どうしてそんなところで働くのか」

「日本より給与が下がって、将来性あるの?」

「そこまでしてインドで働く価値はあるのか」

「ただ刺激的な環境に惹かれただけなんじゃないの」

 

等々。

 

批判であれ、意見であれ、気にかけてくれることは嬉しいことですが、言葉にはできない気持ちになりました。

インドでいつもやっているみたいに、論破したほうが良かったのでしょうか。笑

いやいや、そういうことでもないでしょう。

 

正直、私もインドで働きはじめてまだ3ヶ月なので、この選択の価値までまだ皆に伝えられないかもしれません。

でも私にとってはこの選択が正解であり、価値が有ることなのです。そして私は、自分だけの価値にするのではなく、これからインドでやり続けることで、この選択から価値を生み出していきます。

応援してくれとか言いません。あいつは変なやつだ、理解できんということで無視しておいてもらえれば。

 

私はこのブログに嬉しいことや楽しかったことしか書かないようにしています。

だから凄くリア充で、楽しいインド生活をしてるんだろうと見えるかもしれません。ネガティブな話は、誰も幸せにしないからここには書きません。

実際は、自分の生き方に対し、誰かの言葉に傷ついたり、悲しい気持ちになることもあります。

それがコミュニケーションだからいいのです。選択することが、皆を幸せにするわけではないから。

 

今回、あえてこういうことを書くのは、私の次に海外就職を選択する皆の中にも、同じことを感じる人がいたら、それでも自分自身が選んだ選択に自信を持って欲しいからです。

 

出国前、誰かの言葉に不安や悲しい気持ちになっても、一歩踏み出してみてください。その時に、きっと然るべき人や同じ価値観の人と出会えるし、みんなが活躍できる次の環境が待っています。

 

未来のことを考えて、まだソレが不確実なものだとしても、自分が信じたものなら自信を持って選んでみてください。

 

だめだったら、帰ればいいんだし(笑)

 

あと数時間したら、インドに戻って、私にしかできないことをたくさんしたいと思います。日本でたくさんヒントをもらえました。

日本であってくれた人、みんな本当にありがとう。会えなかった人も、次は必ず会いましょう。逆にインドに来てくれてもいいですよ笑

 

日本、I LOVE YOU(*^^*)

ではまたね!


その他のインド記事はこちら











ABOUTこの記事をかいた人

函館生まれ 北海道大学医学部卒。2016年9月インド人材紹介会社Miraist 所属。インドで働き始めて毎日1本インドブログを更新。インドで働きたい人の背中を押すべく始めたインドブログが、最近の趣味となっている。