インド ヘアサロンに行ってみました! vol.093

The following two tabs change content below.

kayoreena920

函館生まれ 北海道大学医学部卒。2016年9月インド人材紹介会社Miraist 所属。インドで働き始めて毎日1本インドブログを更新。インドで働きたい人の背中を押すべく始めたインドブログが、最近の趣味となっている。

こんにちは!Kayoreenaです(*^^*)

ついに、インド滞在3ヶ月目にして、インドでヘアサロンデビューしましたー!

今回行ったのはサイバーハブの近くにある「LOOKS UNISEX SALON」みなさんが、お仕事帰りに寄れるようにと、オフィス近くのサロンにしてみました!

Adress:1D, Building No-10, Tower-C, Ground Floor, Cyber City, DLF Phase-2, Gurgaon

ヘアサロンの中の様子!普通に綺麗でしょう?

実は、私は今髪の毛を伸ばしているため、変に切られたら死ぬほど嫌なので

(空気が汚くても、ご飯がまずくてもいいけど、ヘアスタイルが崩れるのは嫌!!そんな理由でインドの方を嫌いになるのも嫌!笑)

代わりに切ってもらうことにしました!(結局自分はデビューせず笑)今日のスペシャルゲスト(別名:実験台?笑)はなおきくんです!

これ、Beforeね(´・ω・`)

インドで頑張る同世代の仲間の一人です。今日は私のブログ取材に協力してもらって(巻き込まれて?笑)髪を切ってもらいました!

もともとインドで散髪経験が何度もあるなおきくんなのですが、「同じリクエストをしているはずなのにヘアカットのクオリティが安定しない」という悩みを抱えており、インドでスキルの高い美容師を発掘すべくある実験することに!

それは「日本の雑誌のモデルの写真を見せて「これどおりに切って」と要求する」という実験。これで差は生まれない!(はず)

担当の美容師さんに日本の雑誌を見せて説明するなおきくん。右ページ「モデルグランプリ」ってなんだろ。気になるw

カメラの視線を感じたのか私の気配に気づく担当美容師。今日はよろしくおねがいしますね!

襟を中に入れられて待たされるなおきくん笑

あれ、担当変わった?笑

いえいえ、そんなことないですよーー!

早速カットスタート!最初は水の霧吹きをかけるところから。なおきくんが「パニパニ」(パニ:ヒンディーで水という意味)というと、めっちゃ喜んでくれたんだとか。こういうコミュニケーション、すごい大事ですよね。

 

なおきくんはいろんな人とコミュニケーションするのに長けていて、いつも誰とでも楽しそうにしています。

 

インド人の真剣な眼差し。私も男の人が髪切るの初めて見るからちょっとドキドキ!笑

 

他のお客様を見て「あ、ここ日本じゃないんだ」と実感する・・・

 

ある程度切った後(20分位経過)シャンプー台に移動してシャンプーすることに。ここでは担当の美容師さんが変更!

 さわやかな美容師さん!スマイルサンクス!ここでなおきくん「水つめた!!!」だって。温度管理はイマイチ?笑

 

 私がカメラを向けると必ずカメラ目線をくれる美容師さん。ポーズまでサービス。

あ、とりあえずなおきくんの髪洗ってあげてくださいw

 

最後までカメラ目線を忘れず。あ、ありがと・・・笑

 

最後の仕上げはブロー!

たくましい美容師さん。貫禄ある!

終了直前「長さは良いけど明らかにボリュームが減ってない…」とのことで「スキバサミですいてくれ」と高度な?要求をすることに。結果、なんとなく?すいてもらってワックスをつけてもらい全行程終了しました!

Afterはこちら!

左側ページの「男髪トレンド」のモデルみたいになってますか??笑笑

ご判断は皆様におまかせいたします。

最後に担当した美容師さんと2ショット!めっちゃいい顔(^^)2人共私のブログ取材協力してくれてありがとー!

さて、今回の全行程の金額は…

 

460ルピーです!

日本円で750円位?1000円カットより安い!しかもコーラ付きでした。

 

最後に、本日協力してくれたなおきくんから総括発表!

技術・コスパ・サロン雰囲気・スタッフ対応・総合で評価をつけました。点数の基準は下記の通り

1 もう行くもんかっ!/2 び、微妙、、/3 普通です、はい /4 いいね!/5 最高!Superb!

ではそれぞれコメント発表。

題して「武田直樹のインド生活、どしたらいんだいヘアカット!

①技術 …2

ワックスでカモフラージュ(できてるかなぁ笑)しちゃいましたが、角刈りにされました。ハサミ捌きはちゃんとしてるけど、すきバサミ(重要)は言うまで使ってくれず。インドに来て5,6回髪を切りましたが、すきバサミを綺麗に使ってくれたスタイリストはいまだゼロ。雑誌と同じ髪型になったとは言えないので2

②コスパ… 3

税込(+飲み物込)でRs460は日本円換算したら安いけど、思った通りにならないならもう少しお金出してでもちゃんと切りたいよね〜!で3

③雰囲気 …4

Looksはチェーンだし、今日の店舗は比較的新しいこともあって内装は綺麗。音楽のかけ方は若者向きかな?日本でいうとEarthみたいなお店。雰囲気は特に文句なしなので4

④スタッフ対応 …3

お客さまは神様」という考え方のない国だけど、このお店では気を遣ってくれてることは伝わってくる。でもシャンプー中に顔にタオルをかけてくれないから泡飛んでくるし、お湯じゃないから冷たッ!てなるし、それでいて顔拭きタオルはくれないからスッキリしない(ちゃんと言って貰えばよかった)。店員さんみんないい人だったけど次回以降(があれば)他店の評価するときのベンチマークという意味もあり3

⑤総合 …3

割と混んでたけど、すぐに席に通してくれたし、インド人らしく?みんな人懐っこくて楽しい時間でした。「雑誌を見せてその通りに切ってくれるか」というのがベースなので途中でいちいち要望を言うことはしませんでした。鏡を覗く表情は真剣そのもの、ハサミ捌きは自信満々、それでも結果は角刈りベイベー!笑

これまで5, 6回切ってきた感じからしても「任せるとこんなもんかなー」というのが正直な感想です。

でも楽しかった!それがいちばんっ!

とのことでした!ぜひみなさん参考にしてみてください(*^^*)

今回の企画面白かったから「今度路上サロンで切ってみない?」となおきくんにお願いしました。なのでみなさん、企画実現のためにこのブログのアクセス数にご協力くださいね\(^o^)/笑

以上、「インドでヘアサロンに行ってみた」でした!

Homeへ戻る

 


その他のインド記事はこちら











2 件のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    函館生まれ 北海道大学医学部卒。2016年9月インド人材紹介会社Miraist 所属。インドで働き始めて毎日1本インドブログを更新。インドで働きたい人の背中を押すべく始めたインドブログが、最近の趣味となっている。