インド 夜のトイレに潜入してみた vo.135

Share on Facebook
LINEで送る

こんにちは!Kayoreenaです(*^^*)

 

今日はMiraist Channelを見てくれた方が、私にFacebookを経由してメッセージをくれました☆彡

 

おお~~!!!動画は日本語なのに、見てくれてるんだ−−>< 嬉しい!

実は外国の方でも、動画や私のブログを読んでくれている人がいるみたいで、たまに連絡が来ます。

こういうことの連鎖の先に、どんなことが待っているんだろう。。!! なので私はこれからも毎日ブログを書き続けますよー(*^^*)

 

さて、今日はちょっといつもと違う感じで。。

私のオフィスのトイレの様子を紹介します。

 

え、トイレ…???

 

って思う方多いと思いますが(笑)とりあえず見てみましょう!

夜8時半ころ、もうオフィスは全体的に明かりが落とされていたので、トイレの前の電気は真っ暗。

これ、一応女子トイレの前です(笑)

 

入り口から撮影するとこんな感じ。

たまにこの洗面台の横にプリヤンカが座って歌を歌っていることがあります。(これ本当)

 

左からドライヤー、ペーパー、石鹸です。

 

ドライヤーに手を当ててみると、、、あ。一応反応するみたいです。

 

洗面台はこんな感じ。

 

さて、本題のトイレはというと…

 

じゃん!笑

 

こんな感じです。なんのオチもなくてすみません笑

 

ちょっとだけ近づいてみました。

でもやっぱりオチはないです。すみません笑

 

ちなみに、男性トイレはこんな感じ。

突っ込みたいことあると思いますが、どうか聞かないでください(笑)

 

男性のトイレにもきれいな洗面器はありましたよ。

 

とまあ、こんな感じで夜のトイレに侵入したという話でした。(完)

 

 

今日、なんで急にトイレの話しだしたの??と思うと思うのですが(笑)

日本に帰って意外と聞かれたのが

「インドってトイレきれいなの?」「インドってトイレに紙あるの?」

っていう質問。みんなトイレ好きなんだね(違うかw)

みんな私が使うトイレ事情をよく心配してくれていました(それも違うかw)

 

でもこの気持ち、よくわかります。

 

インド人って手でお尻を拭くっていう話とか噂で聞きますよね。

だから私もインド就職の時に、現地の人に「トイレに紙ってありますか?」って聞きました。

 

これ、現地の人からすると「日本に忍者っていますか?」みたいなレベルの質問かもしれないのですが(笑)でもやっぱりイメージってありますよね。実際はどうなの??

だから今回、皆が私の心配をしてくれているので(だから違うって)

その不安を払拭すべく「インドのトイレも普通に綺麗だよ」ということを伝えたくレポートしました。

 

インドのトイレ事情を報告しますと(これは私の簡単な考察です)

1.日系企業が入っているようなビルのトイレは問題なく整備されている。

見ての通り、流石に音姫とかウォシュレットはないけど、日系企業が入っているようなビルはしっかりしているので、トイレもしっかり整備されています。

 

2. お尻を洗うホースがついている。そして紙はトイレには流さない。これはアジアのスタンダード

再度見てほしいのですが、左側にホース、右奥にゴミ箱が置いてあります。これはそれぞれ、お尻を洗うようのホースと(いわゆるウォシュレット的な?)使用したトイレットペーパーを捨てるようのゴミ箱です。

この仕様は日本と大きく異なりますね。このホース、インド人は使うみたいですが、私は使いませんし、今後も使う予定はありません(笑)

トイレットペーパーも、正直ゴミ箱に捨てるのは抵抗ありますよね…w 元医療者として衛生面も気になるところではありますが。。これは次第に見慣れてきます。

ちなみに、トイレットペーパーをゴミ箱に捨てるのは東南アジアではスタンダード。日本みたいにトイレに流せるほうが珍しいんですよ。

 

3. デリーやグルガオンの中心部にいる限り、トイレは99%洋式。

一応3ヶ月インドにいますけど、根暗なりにもいろんなところに顔出しましたけど、和式のトイレは見たことがありません。一応99%にしてみました。

あとは田舎とかに行くと和式もあるのかな?ちょっとわかりません。ですが、まずほとんどが洋式なのでご安心を。

そして

 

4.インドのトイレにも紙はある。

はい。皆さん良かったですね。

もちろん、たまに切れてることもあるので、インドではどんな時もウエットティッシュを持ち運んでいてね^^笑

 

今日は皆さん、いろいろ思うところもあると思いますがこの辺で。笑

Home
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Share on Facebook
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です