127 インドの集い 六本木にて

Share on Facebook
LINEで送る

こんにちは!Kayoreenaです(*^^*)

今日はタイトルどおり、六本木で「インドの集い」が開催されました。

インドで大変大変お世話になっている中さんが企画してくださり、インドから帰任した方々や、留学経験のある方、海外インターンのビジネスをされている方など、たくさんの人をご紹介していただきました。

場所は日本でありながらも、インドトークがたくさんできたので凄く嬉しかったです><

インドでの就業経験のある高野さん、栗生澤さん、小川さん、留学経験のある立本さん、お世話になっているタイガーモブ社長の菊地さん、そして中さんです^^

インドでどんな仕事してたのーしてるのー?等々、

日本に帰ってきてからの話、会社の事業の話、いろいろありましたが、やはりインドの話をすると「この人無しでは語れない!」というのは

中さんではないでしょうか!

日本は生卵が食べられるということで、すき焼き風にしていただいている中さん。

このブログで正式に紹介するのは初めて?になると思われますが、中さんは「インドの日本人で中さんのことを知らない人」はいないくらい、インド歴が長く、インドについて凄く精通していらっしゃる方です。

今更ですが去年の忘年会では一緒にPPAPを踊りました!「デリ太郎とN-Girls」です(笑)

 

こんなおちゃめな部分を持ちながらも、インド駐在3度目となる中さんは、合計20年近くインドビジネスに関わってきています。(いまもその記録は更新中!)

一度目の駐在は20代。その当時は結果が出せず、1年もせずに日本に返されてしまったんだとか。当時は上の人まで決済を通したりするのがすごく大変で、人生の中でも最も大変な時期だったと一度目のインド駐在について話していました。

二度目の駐在のときも結果が出せず。三度目になり、いま中さんが代表のインドの会社は順調に売上を伸ばしているのだそうです。その結果、実に10年近く、会社のビジネスを守り続けています。

うちの会社はわかりやすくて、結果が出なければ日本に帰されちゃうからね」と話しておりました。そんな環境でインドに居続ける中さんはすごい・・・。

中さんが日本に返されないように私もインドの友達に製品売ります(あれ、違う?笑)

 

一般的に、インドはこれから伸びる市場と言われ、先日MiraistのYoutubeでも説明したとおり「今後の世界最大ビジネスマーケット」ではありますが、この20年の酸いも甘いも知っている中さんは、簡単に「インドの市場は良い」とは言いません。もちろん難しいところもたくさんありますから…

その話はまた今度掘り下げるとして、どうしたらインド市場で利益を出せるか?といった話になり、一つ教えていただいたのが

「姿勢」

これが重要だと話しておりました。

どういうことか?

例えば、インド人と一緒に、オートリキシャに乗ってみる、とか。インド人と同じ食事を食べてみるとか。

そこから、インド人がどういうことを考えて、どういう生活をしているか知ることが大切なんだそうです。

(これ、超−−深い話!)

「日本人の生活をしていても何も理解できない」とのことです。

 

そんな中さんは、若者の進路選択において、アドバイスをくれました。

まず、進路選択する際のポイントは、リスクを抑えるということ

例えば、大企業からベンチャーは行けても、ベンチャーから大企業はいけません。なので最初の選択としては大企業を選択するべき。

小さいものを大きいもの、まずはじめに選ぶのは大きいものでいいのではないか?というのが中さんの意見です。

資格やスキルを持っていつでも転職ができるという状況をつくるのもいいと話しておりました。それも、どんな状況になっても働けるということなので、リスクが抑えられますね。

人生は長いから、若者の早まる気持ちも分かるけど、経験として押さえておくところは押さえておくべきだと思う」というのが中さんのアドバイス。

 

そんな中、実際は、

「最近の若者に自分のアドバイスはリジェクトされてしまうことが多い」

という話も聞きました。

「やはり、若い人にとってスピードとか経験が大切なんだと思う。アドバイスをしても、結局みんなベンチャー企業やリスクの多い方を選択しているケースが多い」とのこと。

 

そういう若者の選択を見て中さんは

「変わらない日本も、変わりつつあるんだなと実感できる」

 

と感じるとのこと。やはりリスクを抑える選択が王道であり、重要であるという意見をもちつつ、そういういわゆる王道の道を外れた人のことは、なんだか応援したくなってしまうと話しておりました。

高野さんも「何かに挑戦するということは、僕達の年齢には持てないロマンだからね。」と、理解されにくい若者の姿勢を応援してくれました。

私達世代の揺れ動く選択をいつも応援してくれる中さん。そんな私は、忘年会で一緒に踊ったくらいしかできていませんが、これからインドで活躍することで、返していければいいなと思います^^

 

中さん、新井くんの記事を読んで「彼みたいなのはおもしろいよね」と話ししていましたよ。そう言ってもらえて嬉しい!私の友達にはおもしろい子いっぱいいますよー^^

タイガーモブ社長の菊地さんと。会話の途中「菊地社長」と連呼していた中さん。呼び名がハマったそうでした。

 

もはやお決まり?笑

 

インドの話楽しかった!

日本滞在残り4日!まってろよIndia ーーーー!

Home

Share on Facebook
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です