114  インド 拡大する結婚式市場

The following two tabs change content below.

kayoreena920

函館生まれ 北海道大学医学部卒。2016年9月インド人材紹介会社Miraist 所属。インドで働き始めて毎日1本インドブログを更新。インドで働きたい人の背中を押すべく始めたインドブログが、最近の趣味となっている。

こんにちは!Kayoreenaです(´・ω・`)

今日はインドの結婚式市場の話。

インドは国全体が伸びているため、様々な産業が絶賛急成長中なのですが、以前から皆に伝えたいなーと思っていたのが「結婚式市場」の話。

日本は最近、若い人が結婚式を挙げない風潮になってきていることが話題ですが、インドはどうなのでしょうか?

 

インドの結婚式市場は急成長中

 

現在インドの結婚式市場は1兆ルピー(約1兆6300億円:NNA調べ)と言われており、今後30%前後で伸びていくという試算も出ています。

結婚にかけるお金の金額」も大きく、現在でもお見合い結婚の文化が多く残るインドでは、新婦側の家族が新郎側にお金を払うという習慣があります。

家庭によりますが、結婚式にあてる費用は貯金の6割程度と言われており、特に娘を持つ家族は、上記の習慣もあるため、生まれたときから結婚資金を貯めると言われています。

英BBCは、南部カルナタカ州の元政治家が娘の結婚式で払った費用が50 億ルピーだったとニュースで取り上げた例もありました。

 

 

カメラが強い日系企業 結婚市場に食い込む

 

たとえば日本でも有名なキャノンは、一眼レフ、業務用印刷機の販売、修理、アルバム印刷と網羅した「結婚式用の写真一貫サービス体制」を通じ、全面的に市場を開拓しています。

現在、全国で推定25万人いるとされている結婚式専用のカメラマン。彼らにとって「画質へのこだわり」が高まっているため、小売価格が本体のみで25万ルピー以上するシリーズの販売が伸びているといいます。

インド人にとって結婚式とは「コストをかけてでもとにかく派手に魅せることが大事」であるため、カメラマンの中で「高級機材を揃えないと仕事が取れない」という認識が広まっているのだとか。

そのため、製品の使い方を教えるワークショップの開催数は、この2年で急増。2016年は118場所で開催し、1万人以上のカメラマンが参加したとのことです。

 

 

カメラだけではなく、アルバムの印刷分野にも力を入れているキャノン。13 年 10 月からは、高画質需要を掘り起こすべく、価格 4,500 万ルピーの大型業務用印刷機「ドリームラボ5000」を投入したとのこと。

複数の印刷業者や大型写真店に販売した実績もあるそうです。来年度までに約200 カ所の専売店全てに専用端末を置き、さらに需要を増やす予定であるとのこと。

結婚式市場に合わせたWeb サービスも展開

ウェドワイズ(WedWise)は昨年、顧客と業者をつなぐサービスをFacebookを通じて開始。2016年12月時点で会員は約4万2000人。(最後にリンク有)

 

このサービスが作られた背景には「現時点では知り合いを通じてしか式場やカメラマンなどの業者を手配することができない」と言った多くの新郎新婦・家族の悩みが存在します。

女性創業者のジニー・コーリ最高経営責任者(CEO)は、「全ての人を1カ所に集めることで、プランニングを効率化することができる」とし、業者の広告料や新郎新婦に対する紹介料・プランニング料でマネタイズしています。

 

WedMeGoodも同様に業者を自分で選べるウェブサービス。(最後にリンク有)

メイクアップ、写真家、衣装等それぞれカテゴリーが有り、住む街をセレクトするとそこからベストな業者を選んでくれます。

食べログのようにレビューや利用者の写真もあり、予算に合わせてカスタマイズできるのは嬉しいポイント。

とまあ、こんな感じです(´・ω・`)

インドの成長産業の一つ「結婚式市場」興味ある人、ぜひ進出してみてはいかがでしょうか^^

 

Kayoreenaも万が一結婚式を開くとなったらインド希望ー!Priyankaに歌を歌ってほしいので(*´ω`*)

…って先にます結婚しないとね、頑張ります!

 

参考リンク

Wedwise: http://wedwise.co.in/

WedMeGood: https://www.wedmegood.com/

Home










ABOUTこの記事をかいた人

函館生まれ 北海道大学医学部卒。2016年9月インド人材紹介会社Miraist 所属。インドで働き始めて毎日1本インドブログを更新。インドで働きたい人の背中を押すべく始めたインドブログが、最近の趣味となっている。