インド 恋愛と結婚について vol.106

The following two tabs change content below.

kayoreena920

函館生まれ 北海道大学医学部卒。2016年9月インド人材紹介会社Miraist 所属。インドで働き始めて毎日1本インドブログを更新。インドで働きたい人の背中を押すべく始めたインドブログが、最近の趣味となっている。

みなさんこんにちは。Kayoreenaです(´・ω・`)

昨日からブログの復旧作業に時間が取られており、全然記事が書けておりません…(泣)

さてさて、気持ち改め、今日もインドの話を書いていきたいと思いますよー(T_T)←改まってない笑

 

今日は、

インドの恋愛観について

国が違えど、恋愛のテーマって万国共通ですよね(*^^*)

よくPriyankaとも恋愛の話はするんですよ。

Priyankaには「素敵な日本人男性をたくさん紹介するから、代わりに素敵なインド人男性をたくさん紹介して!」と言っております。

(多分、今私のほうが紹介している数多いと思う。いまPriyankaからの紹介待ち笑)

今日はこちらの記事からテーマを持ってきました。

日本と全く違う!インドの恋愛表現や休みの過ごし方とは?

(写真いれたいけど、また飛んじゃうんじゃないかと思うと怖くていれられない笑)

 

ここで分かることは2つ

1.インド人は愛情表現が豊か(というか大げさ?)

2.結婚式がとにかくすごい(笑)

つくづく、日本とインドって対極だなって思いますよね。笑

 

このテーマに関して、いろいろ紹介したいことが山ほどあるので、また後日まとめて紹介させていただきます(ただいま復旧作業と同時並行でして…(泣)

 

私もインドに来て、少しだけ恋愛観が変わったような気がします。(本当、私って周りの影響受けやすい笑)

日本にいるときは、男の人は「稼いでくる人、しっかり仕事をしてくる人」が良い人だと思っていました。これは経済力がある人がいいというわけではなく(あったほうがもちろんいいけど)「しっかり働く人」という意味です←重要!

しっかり働く=ご飯を食べられる」につながるので、生物として安心感がありますね。自分も同様に仕事頑張るし、お互いにやりたいことがあれば、それを貫いて頑張るほうがいいと…

インド人はお金を稼ぐのはもちろんのこと、家族との時間もとても大切にしています。「日本が大切にしていない」という意味ではないですが、日本の社会はどうしても「会社や付き合い」というのが優先されがちです。

私のお父さんはとても働く人でしたが、正直、一緒に過ごした思い出はほとんどありません。私はインドの家族を見て「父親と子供ってこんなに近い距離感なのだ」と感じました。私も将来家族を持ったら、そういう距離感の家族にしたいと思います。

仕事も頑張るけど、家族や友人との時間も大切にする

ということがとても重要な気がしています。って贅沢な話ですかね。男の人は家にいないで黙って外で稼いでいたほうがいいよ、って声が聞こえてきそう(笑)

 

今日はこのへんで…

明日には復旧作業を完了して、記事作成に力をいれたいと思います。



にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
♡今日の記事がよかったら、1クリックお願いします♡

 

Kayoreenaとは?…本インドブログライター。

2016年9月よりインド就業を開始し、赴任2日目から毎日1本インドブログを更新中。Kayoreenaはオリジナルネーム「Kayo」とインドのボリウッド女優「Kareena」をミックスしてつけた名前。

本業はインド就職の人材紹介Miraist 所属。インドで働きたい人の背中を押すべく始めたインドブログが最近の趣味となっている。

また、インドで働く日本人女性のインタビュー「Miraist Woman」の編集長も勤めている。今の目標は日本のメディアでインド連載を持つこと。










ABOUTこの記事をかいた人

函館生まれ 北海道大学医学部卒。2016年9月インド人材紹介会社Miraist 所属。インドで働き始めて毎日1本インドブログを更新。インドで働きたい人の背中を押すべく始めたインドブログが、最近の趣味となっている。