第2の故郷 新宿へ vol.420

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ

みなさんこんにちは!Kayoreena(@kayoreena1021)です!

今日は久しぶりに新宿に行きました。

ある人に会うためです(多分、ご本人はこれを読んだら「あ、自分のことだ」とわかるかと思います笑)

いつか海外で事業がしたいというその方と、いつか海外で働きたいという当時25歳位の私が、紹介で知り合いました。

その方はちょうどその時、独立したての頃で、私も東京で仕事を頑張っていたときで、当時はよく新宿で会っていろんな話をしていたんです。

 

それから3年くらい経って、その方はもう社員十数名抱えて、立派な大社長に…「人件費だけでも1ヶ月で@@万飛んでくわ〜」なんて笑顔で話していました。(桁が違ってやばかった)

私も、海外行くいく詐欺にならずに、一応インドで働いてきて、そして日本に戻ってきて、引き続きインドの仕事やっています。相変わらず元気にたくましく生きてます。笑

 

実は以前、私は新宿に住んでいました。すごくないですか、新宿ですよ、新宿。

正直、皆「住むところじゃないでしょ」って思うと思うのですが、当時の私も「ここは住む場所ではないな」と思いながら住んでいたんです。

当時24歳から26歳位のときでした。「人は住む場所で生活環境が変わると、人生も変わる」そんな言葉を聞いて、私は一番人と物と情報が集まる街に住みたいと考えました。

郊外に住むのも良かったのですが、たくさんの人が集まっていて、どこにでもアクセスがいい(と、当時自分が判断した)新宿にしたんです。

 

当時、近所に伊勢丹と高島屋がありました。自分の中で少しだけスタンダードが高くなった気がしました。

どんな人でも「新宿で会いませんか?」と言うと、だいたい足を運んでくれました。誰かと深い話になっても、終電を気にすることもないので、飲み会は最後まで参加することができました。

そんなメリットを享受しながら、当時は色んな人と会って、いろんな話を聞いたり見たりしました。

 

そして今日、その東京における第2の故郷、新宿に約2年ぶりくらいに来ました。もっと若かった頃の自分が住んでいた街なのに、結構道は忘れているもので、駅の中で迷子になりました(笑)

相変わらずギラギラした街ですが(笑)今日はその方と会って、数年前のことを少しだけ思い出しました。

 

そして、会話の中で印象的だった話があって。

 

あの頃は、まだ何も形になってなかったけど、毎回大きな夢や理想を描いて、すごく楽しかったよね

 

そんな話をしました。

 

ああ、確かにな〜。すごく共感しました。私も同じことを感じました。

 

数年前、新宿にいた頃、自分が目指していた「海外で活躍する」という目標はぼやけてたけど、色んな人に会って、いろんなことを経験して、いろんな妄想をして楽しかった。

もしかしたらこういう未来があるかもとか、こういうことができるのかもと、ワクワクしていた。

 

もちろん、今も日々楽しいけれど、もう私は、今から新しい国を開拓することはない。今からアフリカに行って、再びKayoreenaと名乗ってブログを始めることもない。

当時のほうが不安定だったけど、当時のほうが夢があった。悩んで不安な日もあったけど、自分の可能性を感じて嬉しくなる日もあった。

 

そんなまだKayoreenaでなかった頃の楽しかった時期を過ごした新宿は、もう今の私にはうるさすぎる街で、1mmも住みたいとは思いませんが(笑)

けど、これからも新宿に来るたびに、きっとその時のことを思い出して、なんだか嬉しくなるに違いないんだろうなと思いました。

 

人は、まだ何もやりたいことが見つけられていない時、もがいて苦しい中でも、何かを見つけようとして頑張っているとき、実はすごく尊い時間なのかもしれない。

そんなことを今日、新宿に来て感じたのでした。

 

 


ABOUTこの記事をかいた人

函館生まれ 北海道大学医学部卒。2016年9月よりインドで人材紹介会社にて現地採用で就業。インドで働き始めて毎日1本インドブログを更新し、2017年末まで400本ほど記事を更新。2018年1月から東京拠点に移し、インドと日本を行き来しながら、インドビジネス関連の情報を発信している。