インドで日本人モデルの仕事をしました vol.318

The following two tabs change content below.

kayoreena920

函館生まれ 北海道大学医学部卒。2016年9月インド人材紹介会社Miraist 所属。インドで働き始めて毎日1本インドブログを更新。インドで働きたい人の背中を押すべく始めたインドブログが、最近の趣味となっている。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ

みなさんこんにちは!Kayoreena(@kayoreena1021)です!

今日は、久しぶりに写真いっぱいのブログがお届けできそうです。

 

今日はインドで

モデルのお仕事をしました。

今日はインドで撮影だよ😃 #インド

Kayo Osumiさん(@kayo_in_india)がシェアした投稿 –

Kayoreena
インド企業のWebページ用の撮影でした。まさかインドでモデルのお仕事ができるなんてー!

今回はインドで展開されるフィットネス企業のウェブページの撮影の依頼でした。

このフィットネスサービスは出張型の形態を取るため、撮影は室内で行われ、一般的なインドの自宅をイメージして家具を配置しました。

カメラマンはこちらの方。

Ishankさん。20歳の頃からカメラマンをして、現在フリーカメラマン。27歳。独身。

Kayoreena
普通にイケメンかも

 

撮影はこんな感じでスタート

Kayoreena
あれ?フィットネス用の撮影じゃなかったの??というところですが、最初は撮影の練習ということで(光を調整したり角度を調整したり)普通に宣材写真撮ってもらっちゃいました!

 

HP用バナーに使うポーズの撮影

 

実際に撮影したのがこちら→→

「どのメニューにしようかな」的な挿絵です。イメージつきますか?

その後はトレーナーのKaranも一緒に撮影を開始(こちらが本番)

カメラマンから指示入ります。

途中「トレーニングしている女性は髪の毛を結んだほうがいいんじゃないか」というIshankの意見により、突如髪の毛を結ぶことに。

Kayoreena
でも私、ゴム紐持ってないよ??どうする?

ここで諦めずに、手元にある道具でなんとかするのがインド(臨機応変に対応することをジュガールという)

なんと、部屋にあったアイマスクのゴム紐を切って、ヘアゴムに変えてしまったのです!

アイマスクのゴム、カットしました。

 

見学に来ていたスタッフのAnilにより、Kayoreenaの即席ポニーテール完成!

 

す、すごい…笑 私のポニーテールのヘアゴムはアイマスクのゴムで出来てます…。

 

さて、早速撮影再開。

Ishank
体の角度をもうすこし右に寄せて

するとトレーナーのKaran

Karan
右に寄せたらフォームが崩れるから、そのまま正面を向いて
Ishank
だめだ、右に寄せないとキレイなラインで撮影できない
Karan
でもフォームが崩れる!誤ったフォームでトレーニングをしていると思われてしまう

見学に来ていたスタッフのAnilも、

Anil
Kayo!もっと楽しそうに表情を作って。でも歯を見せると笑ってるみたいだから、表情だけ作って!
Kayoreena
え、え、・・・えっと、こんな感じですか?!(ところで身体の角度はどうすればいい?)

 

と、こんな感じで

みんな自分の意見の主張が激しかったです(笑)

 

一応、Webページのディレクターとなる人がいたのですが、本来、彼の指示通りに撮影が進む

はずが

 

皆がそれぞれ「いい」と思う構図があり、その主張のぶつかり合いでなかなか撮影が進みません(笑)

Kayoreena
Directorが「こうして欲しい」という主張に対しカメラマン、トレーナーそれぞれが「でも@@だからこうしたほうがいい」と意見を持ってぶつけてくるところ。すごい。時間だけ経ってなかなか進まないぞこれ(笑)

 

ということで、撮影は思ったより時間はかかったのですが、無事、全行程を終えて完了することができました!!

撮影した写真を一部公開します。

Kayoreena
この腹筋みたいなやつ本当に苦しかった…笑

 

そして

ちゃっかり自分の写真も撮ってもらいましたー(*^^*)笑

 

撮影終了したよ! #インド #india #model #japan #delhi #gurgaon

Kayo Osumiさん(@kayo_in_india)がシェアした投稿 –

意見の主張はしあっても、喧嘩するわけではないので最後は穏やかに終了。

最後は何故かKayoreenaとの撮影会になりました(笑)

Karanは毎日朝4時に起きてトレーニングをしているらしい。こう見えて1児のパパ。

 

Anilさんは日本語ペラペラ!日本語話せるインドの人はコミュニケーションとりやすい(当たり前か)

 

イケメンカメラマンIshankと。この距離感カップルみたい(笑)同い年のカメラマン。相場聞いたらまあまあ稼いでいて、今回の金額の交渉も応じなかったらしい。強気!

でも価格を下げずに仕事できるっていうのは素晴らしいこと。

 

は~~久しぶりの撮影。

まあまあ疲れました(本音)でも楽しかったです。

 

ところで、インドでは、こんな感じでKayoreenaをモデルに使いたい人、随時受けつけてます。

 

Kayoreenaをモデルに使うメリット

・日本からそれなりのモデルさん連れてくるにはコスト(往復航空券、ホテル代で軽く10万越え。それ意外にも費用かかる。)

・そもそもインドに来たがらないモデルさん多い

・意外と身長ある(166cm)体格は標準。華奢な服装は似合わないですが、インドサリーとかなら身長もあるのでマッチングする。

・インドメイクが映える(と言われている。ご自身で判断してください)

・人のことをよく撮影するので、撮影する人の気持ち、される側の気持ちを知っている。

・過去に何度か撮影を受けた経験もある(日本)詳しくは聞いてください。

・モデルの撮影が実は結構ハードだということも理解している(特にインドの野外撮影なんてなったら大変ですよね。)

・撮影した際には私のブログで告知ができる(読者層は20代〜50代のインドに関心がある人。ツイッター、Instgram等も利用可)

 

このあたりでしょうか。

私としては、自分の信念に反しないことで、自分が役に立てる活動であればお受けしたいと思っております。

日本の人がインドのメディアとかにちょっと出て、それがきっかけでインドの方に日本のことを知ってもらえたら、それは十分ありですよね。

報酬は応相談ですが「India Blogにとって面白くなるネタ・エピソード」等、何か読者の方に還元できることでお願いします(^^)

Kayoreena
報酬がどこかのホテルのディナー券とかだったら、それを持ってブログ用レポに行けるので助かります(^^)

 

「こいつ、モデルとか言ってまた調子乗り始めた…」

 

と思った人。そんなこと言ってたら、せっかくあるチャンスもどんどん逃してしまいますよ。

Kayoreena
常に自分が何をできるか、何をバリューとして発揮できるか考えていくことは大事なこと。それがないと生き残れないぞ♡

 

*Kayoreenaはモデルを本業としているわけではないので、時間も限られております。諸々ご理解ください。何かあればご連絡ください!では!


その他のインド記事はこちら











ABOUTこの記事をかいた人

函館生まれ 北海道大学医学部卒。2016年9月インド人材紹介会社Miraist 所属。インドで働き始めて毎日1本インドブログを更新。インドで働きたい人の背中を押すべく始めたインドブログが、最近の趣味となっている。