インド初 日本人経営のクリニック ひまわりファミリークリニックを取材 vol.427

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ

みなさんこんにちは!Kayoreena(@kayoreena1021)です!

本日はデリー・グルガオンでスタートした

「インド初 日本人経営のクリニック ひまわりファミリークリニック」

を取材しました。

 

Kayoreena
インド医療情報!これは貴重!

 

ひまわりファミリークリニックはインドのデリー・グルガオンに出来た日本人経営による日本人医療通訳常駐の総合診療クリニックです。

対象年齢はお子様から大人まで、年齢を問わず、風邪や食あたり、皮膚や目の疾患など幅広い初期症状に対応しています。

今回はクリニックの代表・住吉さんに取材のご協力をいただきました。

 

クリニックはこの看板が目印。今回はグルガオンのクリニックを取材させていただきました。

 

Kayoreena
住吉さんは上海と香港あわせて6年以上在住していた経験があり、所属する会社(オール・インクルーディングジャパン)としてもインドだけでなく、マレーシアや香港やメキシコでも日本人向けの医療サービスを展開しており、海外日系クリニック事業に関してはかなり経験が長けています。

 

入口に入ると、医療通訳のかねむらさんが笑顔で出迎えてくれました。

Kayoreena
10年余り幼稚園教諭として、保育や教育の第一線で経験を積み重ね、その後ニュージーランド等英語圏での就業を経て、今回ひまわりファミリークリニックに勤務をスタートしたそう!素晴らしい経歴!

 

待合室には子供用のスペースも有り!

 

住吉さん
うちのクリニックはLINE予約で時間を管理しているため、ほとんど待つことなく診察を受けられることが特徴です。

 

待合室には水やヤクルトも置いてありました。(苦手な)薬もしっかり飲めるようにね!

 

診察を受ける際は問診票に事前に必要事項を記入します。日本とほぼ変わらない感じですね。

 

担当してくれる先生は?

Dr. Jolly Benjamin先生です。

Dr. Jolly Benjamin
2012年 サンクトペテルブルク大学医学部卒業

卒業後は、デリー及びハリヤナ州内の総合病院にて、総合診療医として内科・小児科・眼科や皮膚科など幅広い分野で臨床経験を積み重ねてきました。
総合診療の現場で培った多様な経験をもとに、日本人の患者さんに寄り添ったきめ細かな医療サービスを提供します。

Jolly先生はロシアの大学を出て、臨床経験を積み、この度ひまわりファミリークリニックへ。とても優しい雰囲気の先生です。

住吉さん
ロシアの大学を出ているということで、多国籍の人と触れ合った経験を持っています。その上、医療のスキル・知識も万全で、日本人の方にも丁寧に対応できるので、当クリニックのDrとして採用させていただきました。

 

Dr. Jolly Benjamin
日本の方はとても礼儀正しい方が多いので、私もとても働きやすいです^^

 

ひまわりファミリークリニック デリーアバロン院 もOPEN

2018年1月24日、デリーアバロン院も完全OPENしました。

住吉さん
デリーアバロン院は日本人学校から車で15分程度。お子さんの急な体調不良にもご対応させていただきます。

 

利用者の特徴

Kayoreena
住吉さん、実際にインドでクリニックを開設して、印象はどうですか。

 

住吉さん
私達が目指しているのは、深刻な病気になる一歩手前の初期症状が出てきた時点で気軽に行ける医療機関というところなのですが、インドに住んでいる日本の方々は我慢してしまう傾向が強いのかなと、他国と比較して思います。

原因としては、例えばちょっと病院に行こうと思っても、どこに行ったらいいかわからないとか、英語でうまくやりとりができるか不安だったり、ちょっと外出するにも交通手段がなかったり、いろいろなハードルの高さがあると考えられます。

 

Kayoreena
確かに。なんだか面倒だから、ちょっと様子見ようかなと思ってしまうかもしれません。

 

住吉さん
私達のクリニックはLINEで予約が可能です。そのため待ち時間もなく、ご案内できます。症状で気になることがあれば、手軽にご相談できますし、日本人が通訳でいますので、細かい症状や気になる点はきちんとフォローできます。

インドでは症状が深刻になってしまうと、より回復するにも時間がかかります。初期症状が出てきた時点で、気軽にご相談していただきたいです。

 

Kayoreena
忙しいとか面倒くさいとか言って後回しにしてしまうと、後々症状が深刻になってしまいますね。

「頭が痛いな〜(でも病院に行くまででもないかな…)」というような軽い症状で不安な時は、今度からひまわりファミリークリニックに相談しようと思います。

 

下記、ひまわりファミリークリニックの詳細をまとめました。

 

デリーアバロン院

診療時間

▼火・水・木・金曜日
午前の部 9時30分〜13時 午後の部 14時〜17時(最終受付)

▼土曜日
午前の部 9時30分〜13時 午後の部 14時〜16時(最終受付)
お問い合わせは午前9時から承ります。

 

休診日

毎週日・月曜日とデリーの祝日

 

診療科

一般診療科
かぜ・インフルエンザ・デング熱・食あたり・ものもらい・結膜炎・あせも・湿疹など、内科・小児科のほか、眼科・皮膚科など専門科の初期治療にも対応した総合診療クリニックです。

 

診察予約

LINEでの予約・お問い合わせが便利です。

必ず次の内容をご連絡下さい。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
・患者様お名前ローマ字
・生年月日
・症状とその発生日時
・海外旅行保険の加入有無、保険会社名
・診察希望時間
ーーーーーーーーーーーーーーーー

日本語専用番号 96 5454 0828

 

お支払い方法

海外旅行保険をご契約中の方は、キャッシュレスサービスをご利用いただけます。
▶ご利用いただける海外旅行保険はこちら
保険をお持ちでない方や、立替払いの方は、カード(VISA/MASTER)・現金、小切手でのお支払いが可能です。
※JCB・AMEX・Dinersには対応しておりません。

デリー スルタンプール アバロンコートヤード デリー日本人会事務局階下

デリー スルタンプール アバロンコートヤード オフィス棟 1F ※デリー日本人会事務局と同じ建物です。
デリー日本人学校から車で15分〜
Uberでお越しの場合は、「Avalon Courtyard」と目的地をご指定ください。

 

 

グルガオンサウスポイントモール院

診察時間

▼火・水・木・金曜日
午前の部 9時30分〜13時 午後の部 14時〜17時(最終受付)

▼土・日曜日
午前の部 9時30分〜13時 午後の部 14時〜16時(最終受付)
お問い合わせは午前9時から承ります。

 

休診日

毎週月曜日とハリヤナ州の祝日

 

診療科

一般診療科
かぜ・インフルエンザ・デング熱・食あたり・ものもらい・結膜炎・あせも・湿疹など、内科・小児科のほか、眼科・皮膚科など専門科の初期治療にも対応した総合診療クリニックです。

 

診察予約

LINEで簡単診察予約

LINEでの予約・お問い合わせが便利です。
必ず次の内容をご連絡下さい。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
・患者様お名前ローマ字
・生年月日
・症状とその発生日時
・海外旅行保険の加入有無、保険会社名
・診察希望時間
ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

日本語専用番号 96 5454 0828

 

お支払い方法

海外旅行保険をご契約中の方は、キャッシュレスサービスをご利用いただけます。
▶ご利用いただける海外旅行保険はこちら
保険をお持ちでない方や、立替払いの方は、カード(VISA/MASTER)・現金、小切手でのお支払いが可能です。
※JCB・AMEX・Dinersには対応しておりません。

グルガオン ゴルフコースロード Sector53 サウスポイントモール2階 山田塾さん向かい
※日本料理店 愛味さん側のエレベーター 2F メトロでお越しの場合はSector 53駅が最寄りです。Uberでお越しの場合は、「South Point Mall」と目的地をご指定ください。

 

Kayoreena
詳しくはHPから確認してみてください。とても見やすくまとめてあります。HPはこちら

インドは実は医療水準は高め。ひまわりファミリークリニックで採用されているドクターやスタッフは、しっかり教育を受けてレベルがしっかりしています。住吉さんのマネージメントの元、日本水準で医療サービスは完備されています。

薬なども種類豊富な国ですし、健康管理はとても大切なので、絶対無理しないでなにか気になることがあったら、すぐ相談してください

 

ABOUTこの記事をかいた人

函館生まれ 北海道大学医学部卒。2016年9月よりインドで人材紹介会社にて現地採用で就業。インドで働き始めて毎日1本インドブログを更新し、2017年末まで400本ほど記事を更新。2018年1月から東京拠点に移し、インドと日本を行き来しながら、インドビジネス関連の情報を発信している。